トミー・ウンゲラーの絵本

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

すてきな三にんぐみ

トミー=アンゲラー‖さく

くろマントにくろいぼうしのどろぼう三人組は、華麗な手口でお宝を頂戴する。ある夜、襲った馬車にはみなしごの女の子一人だけ。連れ帰ったどろぼうたち、この女の子のある一言で、物語は意外な方向へ・・・!

図書館指定なし

アデレード そらとぶカンガルーのおはなし

トミー・ウンゲラー‖作

生まれた時から翼の生えていたカンガルー、アデレード。大きくなって、旅に出たいと思うようになります。アデレードが生まれてからさまざまな経験をしていく様子を、一緒に見守っているような気持ちになれる絵本。

図書館指定なし

ぼうし/トミー・ウンゲラー 評論社 ; 2006.3

立派な黒いシルクハット。風に吹き飛ばされたこのぼうしは、ベニト・バドグリオという貧乏な男の頭に着陸。すると、このぼうしをめぐって不思議なことがおこります。次々と展開していく物語に、わくわくする一冊。

大人も子供もいろんな世代の方にオススメ

フランス出身の画家であり絵本作家の、トミー・ウンゲラーさんが2月9日に亡くなりました。
ウンゲラーさんの絵本と言えば、色使いが印象的な『すてきな三にんぐみ』が有名です。表紙をみるとなんだか怖そうな三にんぐみですが、どうして“すてきな三にんぐみ”なんでしょうか。その答えは絵本の中に描かれています。時には風刺を入れた絵本を描いたウンゲラーさんの絵本は、子どもだけでなく大人も楽しめる作品がたくさんあります。ぜひ、大人の方も手に取って楽しんでみてください。

※これらの本は、平成31年3月2日~8日まで、中津川市立図書館にて展示しました。

2人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:218回、公開:2019/03/01

レシピの感想を書く

もっとレシピを読む