日本の本は美しい

を探しています ⇒変更する

どんたく (愛蔵版詩集シリーズ)

竹久 夢二

【装丁者(生没年)】=【恩地孝四郎(1891-1955)】 竹久夢二に私淑し、詩と版画の同人詩『月映』を創刊。また、1928年に『北原白秋全集』の装本を手掛け、装本家としての地位を確立した。

滝口修造の詩的実験 1927~1937

滝口 修造

【滝口修造(1903-1979)】 『余白に書く(みすず書房,1966)』もオススメです。非常に余白の使い方がきれいで、本そのものが詩のような雰囲気を持っています。

往復書簡 詩と世界の間で―大岡・谷川対話集〈3〉 (思潮ライブラリー)

大岡 信

【清原悦志(1931-1988)】 杉浦康平は彼の早逝を悼み、“直角のタイポグラファー”というオマージュを送りましたが、本当にきりっとした活字とレイアウトです。ぜひ、中身を読んでみて下さい。

インドへ (文春文庫 (297‐1))

横尾 忠則

【横尾忠則(1936-)】 60年代以降はヒッピー文化のヒーローになったり、強烈!の一言に限る傑作のブックデザインを生み出したりと、一度魅せられたら忘れられない方です。

足穂拾遺物語

稲垣 足穂

【羽良多平吉(1947-)】 本体はとてもきれいな水色です。 「カラーリングというのは即ち、マーケティングなんです」というご本人の言葉通り、色彩への繊細な気配りがうかがえます。

オン・ザ・ロード (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-1)

ジャック・ケルアック

【KAWADE DESIGN WOEKS】 第42回「造本装幀コンクール」入賞作品。このコンクール入賞作品は毎年、東京国際ブックフェアにて展示・公開されています。

安部公房全集〈1〉1942.12‐1948.5

安部 公房

【近藤一弥(1960-)】 「紙でできた四角いかたまりである書物は、その中に、文字によってつづられた迷宮を持っている。そこには、言葉という他者に通じる世界への通路がある。(近藤一弥)」

デザインのデザイン

原 研哉

【原研哉(1958-)】 無印良品や長野オリンピックでおなじみ、日本を代表するデザイナーで、ブックデザインも手掛けています。 http://www.ndc.co.jp/hara/home/index.

近代文学の終り―柄谷行人の現在

柄谷 行人

【間村俊一(1954-)】 個人的に一番好きなブックデザイナーです。とにかく、シンプルで、文字に力があるように見え、写真も存在感を際立たせます。最近は背表紙だけで、間村さんのだ、ってわかることも。

基本的に面食いの方にオススメ

日本の本はきれいだと思う。
書店の平積みをなんとなしに眺めていると、
「イラストがかっこいいなあ」
「文章の組み方が独特」
と、いろいろと気になってつい手にとってしまう。
で、うっかり中身を読みだして、気が付いたらレジにいる。

あの手、この手で私たちを惹きつけてやまない本ですが、
その見た目や中身のデザイン=『装丁・ブックデザイン』は、どんな風に発展してきたのでしょう。

少し歴史をひもといてみると、日本の装幀史は洋装本が導入されて以降、
明治・大正期の【橋口五葉】作、『吾輩ハ猫デアル』から始まったといわれています。
その後は、単なる「装画」の域を超えて、「配字」・「活字(タイポグラフィ)」といった
中身までのデザインに発展し、現在に至ります。

今回は歴代の装丁家たちによる“作品”を、日本文学の棚から集めてみました。
「本は文明の旗だ、その旗は當然美しくあらねばならない(恩地孝四郎)」
と述べた装丁家もいますが、試行錯誤、チャレンジを続けている日本の本はとても美しく、
それゆえに日本の文明はやはり美しい。
なんて思ってしまう日本のブックデザインに今後も期待がかかります。

※もちろん、これら以外にもたくさんの素晴らしい“作品”があります。
※某大学図書館の展示企画の一部を抜粋したもので、企画者からこのレシピ作成について許可済みです。

81人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:3377回、公開:2010/11/05

レシピの感想を書く

もっとレシピを読む