Amazonへ


中古あり ¥1,100より

(2020/04/08 21:30:52時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

失われたドーナツの穴を求めて

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ウシナワレタ ドーナツ ノ アナ オ モトメテ
出版社: さいはて社
単行本(ソフトカバー): 224 ページ
ISBN-10: 4990956605  ISBN-13: 9784990956608  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 002

紹介

穴があったら入りたい!? 学問、人生、宇宙の謎。すべての穴はドーナツに通ず。人類の叡智をドーナツの穴へと傾注した知の宝石箱。
穴があったら入りたい!? 学問、人生、宇宙の謎。すべての穴はドーナツに通ず。歴史学、経済学、物質文化論、コミュニケーション学、工学、数学、言語学、哲学…。人類の叡智をドーナツの穴へと傾注した知の宝石箱。ドーナトロジーへようこそ!

目次

はじめに
第0穴 ドーナツとその穴にまつわる深い謎を学問する〜ドーナトロジーへようこそ  奥田太郎
第1穴 ドーナッツの穴はいつからあるのか[歴史学]  大澤広晃
第2穴 失われたドーナツの穴を求めて[実証研究]  芝垣亮介[松川寛紀 監修]
第3穴 ドーナツの穴はいくらで売れるのか[経済学]  後藤剛史
第4穴 ドーナツの穴から世界の成り立ちを覗く[物質文化論]  佐藤啓介
第5穴 ドーナツの穴に向かって会話する[コミュニケーション学]  今井達也
第6穴 ドーナツの穴は数学的に定義できるか[数学]  佐々木克巳
第7穴 私たちは何を「ドーナツの穴」と呼ぶのか[言語学]  芝垣亮介
第8穴 ドーナツに穴は存在するのか[哲学]  奥田太郎

穴コラム0 ドーナツの形は宇宙の形?  奥田太郎
穴コラム1  中国から考えるドーナツの穴①――武漢面窩と中国の「近代」  宮原佳昭
穴コラム2-1 僕たちがドーナツ屋になったワケ  松川寛紀
穴コラム2-2 ハグジー流・家庭でできるおいしいドーナツのレシピ  松川寛紀・松川由実
穴コラム3 穴馬考――あなたの、そして私の穴が走っています  髙田一樹
穴コラム4 天体観測ミッションとドーナツ  坂本 登
穴コラム5 中国から考えるドーナツの穴②――漢字・文物・貨幣  宮原佳昭
穴コラム6 不思議の国のアリスにみる穴だけ残ったドーナツ!  佐々木克巳
穴コラム7-1 穴を掘るって、地面を掘るんじゃないの?  芝垣亮介
穴コラム7-2 穴を埋めると穴はなくなってしまうのか?  芝垣亮介
「ドーナツの穴」を学ぶ人のための必読書
特別寄稿 本書の穴を埋める  加地大介
あとがき
powered by openBD
ほかのサービスで見る