Amazonへ


中古あり ¥249より

(2020/03/28 21:59:06時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

世界のどこかで居候

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
出版社: リトル・モア
ペーパーバック: 288 ページ
ISBN-10: 489815283X  ISBN-13: 9784898152836  [この本のウィジェットを作る]

紹介

図々しくも世界のどこかのご家庭に「おじゃまします!」。一泊二泊ではお客さん、三日を過ぎて「いてもいなくてもどっちでもいい」と思われて初めて居候。モンゴル、イエメン、パプアニューギニア、インド、モロッコ、ネパール、カンボジア-ライター&カメラマンの「居候」コンビが覗いた、世界のどこかのふつうの人のふつうの暮らし。

目次

モンゴル-ひとつのゲルにみんなで暮らす「シアワセ家族」
イエメン-気さくで心優しい男たちが集う「お気楽家族」
パプアニューギニア-同じ人類とは思えないけど、とっても親切な「男の家」
インド ラダック-チベット仏教の信仰篤い「ほのぼの家族」
モロッコ アトラス山麓-アトラス山麓の緑豊かな土地で、ベルベル人の「あったか農家」に居候
モロッコ サハラ砂漠-サハラのノマドテントに居候。子だくさんの「にぎやか家族」
カンボジア-カンボジア・トンレサップ湖の水上集落で「楽チン生活」
ネパール-ヒマラヤの懐に抱かれた豊かな集落の「のんびり家族」
世界のどこかでちょっとだけ居候
人力社的「居候学」のススメ
powered by openBD
ほかのサービスで見る

レシピ

視野を広げたい人にオススメ
世界をみたい
by なかむさん 2439回閲覧 2011/01/23公開

『「いてもいなくてもどっちでもいい」と思われて初めて居候。』だそうです。