STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥2,000より

(2020/05/29 03:48:25時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

モンタイユー: ピレネーの村 1294~1324 (上) (刀水歴史全書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
出版社: 刀水書房
単行本: 367 ページ
ISBN-10: 4887080867  ISBN-13: 9784887080867  [この本のウィジェットを作る]

紹介

異端審問文書から中世南仏の農村生活を人類学的手法で描き,1975年の発刊以来,社会史ブームをまきおこしたアナール派第3世代の代表作(発刊当時、フランスの新人文学賞=ゴンクール賞を受賞)。ピレネー山中寒村の50戸200人の村人の生活と心性,異端カタリ派の村への浸透が精細に描写される。西洋中世を肌で感じることの出来るこの傑作は小説よりおもしろい(1990~91年刊)

目次

序 章 異端審問から民俗誌へ
第1部 モンタイユーの生態学-家と羊飼い-
  第1章 環境と権力
  第2章 家ないし家族-ドムスとオスタル-
  第3章 クレルグ一族-支配者の家-
  第4章 貧しい羊飼い
  第5章 大規模移動放牧
  第6章 ピレネ―牧羊の民俗
  第7章 羊飼いの気質
第2部 モンタイユーの考古学-身振りから神話へ-
 第8章 身振りと性
 第9章 クレルグ家の愛欲
第10章 かりそめの縁
第11章 結婚と愛情の役割
第12章 結婚と女性の立場
 〔付録〕モンタイユーのおもな家族一覧・系図
powered by openBD
ほかのサービスで見る