STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥6,050より

(2020/06/01 02:34:05時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

古代食料獲得の考古学 (ものが語る歴史)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: コダイ ショクリョウ カクトク ノ コウコガク
出版社: 同成社
単行本: 325 ページ
ISBN-10: 4886216714  ISBN-13: 9784886216717  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 210.025

紹介

古代日本の生業において、副次的とされる狩猟や漁撈、植物採集活動を複合的な視点で再検討し、食料獲得活動の再評価を試みる。

目次

序文
第1章 日本古代食料獲得研究の意義
 第1節 はじめに
 第2節 日本列島の生業研究のあゆみ
 第3節 日本列島の生業研究の成果
 第4節 生業の考古学研究の課題
第2章 海面漁撈
 第1節 古代大型魚漁の文化・社会的意義
 第2節 律令期東北地方北部の釣漁技術の独自性
第3章 内水面漁撈
 第1節 内水面漁撈体系の模式化
 第2節 関東地方の古代網漁
 第3節 東北地方の古代網漁
 第4節 中央高地の古代網漁と内陸漁撈の独自性
第4章 狩猟
 第1節 狩猟体系の模式化
 第2節 狩猟具の民族考古学
 第3節 古墳時代の弓矢猟
第5章 堅果類採集 -利用習俗の検討から-
 第1節 はじめに
 第2節 古代堅果類利用の研究史
 第3節 堅果類利用習俗の諸事例
 第4節 先行研究にみる保存法・アク抜き法
 第5節 古代堅果類利用技術の推定
 第6節 小結
第6章 結論
 第1節 検討の概略
第2節 古代食料獲得と環境、他生業との相互作用
 第3節 古代食料獲得と社会の動向
 第4節 古代食料獲得の意義の重層化と多様化
 第5節 展望と課題
引用文献
あとがき
powered by openBD
ほかのサービスで見る