STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥1,530より

(2020/05/28 23:26:48時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ことばと社会 20号: 特集:東京 ことばと都市の統合的理解へ

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: コトバ ト シャカイ
出版社: 三元社
単行本: 217 ページ
ISBN-10: 4883034747  ISBN-13: 9784883034741  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 801.03

紹介

近年注目される、大都市の言語状況に関する研究への提言・試論。近現代日本において「東京」で話されていることばとは?
近年注目される、大都市の言語状況に関する研究への提言・試論。近現代日本において「東京」で話されていることばとは?

目次

「まえがき」パトリック・ハインリッヒ+ましこ・ひでのり+名和克郎
「「東京」- 社会言語学的過程としての/社会言語学的経験としての」パトリック・ハインリッヒ(訳:塚原信行)
「あいまいな“Tokyo”とわたしたち:大都市圏/生活者/言語」ましこ・ひでのり
「東京弁、東京方言、東京語 」清水康行
〈コメント〉「「東京」のことばと都市の統合的把握のために 」名和克郎

コラム
《ことばと社会と建築》「われわれを自由にする「壁」」パトリック・ハインリッヒ(訳:吉田達彦)

投稿論文
「多言語社会日本にとって、ろう学校が存在する意義」中島武史

書評
佐藤慎司+佐伯胖(編)『かかわることば――参加し対話する教育・研究へのいざない』  評者:アレッサンドロ・マンテッリ
「言語人類学と文化人類学に関わる幾つかの宿題の断片的覚書、あるいはエイハーン『生きている言語』をめぐる徒然なる随想」評者:渡邊日日

連載報告 多言語社会ニッポン
アイヌ語〈11〉「Aynu itak amososo kuni asir rir(アイヌ語復興の新しい流れ)」丹菊逸治
琉球弧の言語〈19〉「戦時中の沖縄芸能とうちなーぐちに対する規制」伊佐尚記
移民の言語〈8〉「在日ベトナム人コミュニティにおける母語教室のあり方――在日ベトナム人2世の言語状況からみる「葛藤」をめぐって」野上恵美

コラム
《映像の中の多言語》「NHK特集ドラマ(2018)『どこにもない国』にみる「節英」の極北」木村護郎クリストフ

近刊短評 
Mokuzi(Contents)
執筆者紹介
powered by openBD
ほかのサービスで見る