Amazonへ


中古あり ¥635より

(2020/03/31 07:32:57時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

精読 小津安二郎

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: シ ノ カゲ ノ モト ニ
出版社: 言視舎
単行本(ソフトカバー): 247 ページ
ISBN-10: 4865650954  ISBN-13: 9784865650952  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 778.21

紹介

小津映画を書物と同様の手法で精密に分析、代表作を縦横に読み解く。ディテールに込められた映像美学の核心、そして戦争と死の影。
小津は細部に宿る
小津映画を書物と同様の手法で、精密に分析することを主張する著者が小津の代表作を縦横に読み解く。精読することではじめて明らかになるディテールに込められた小津の映像美学の核心、そして戦争と死の影。著者は全国小津安二郎ネットワーク会長であり、小津における地名を徹底調査、小津の中国戦跡調査も実施。

目次

Ⅰ死の影の下に 
1▼『父ありき』――死者の集合性、あるいは「無」へ 2▼『宗方姉妹』――ドン・キホーテの運命、あるいは激発する暴力 3▼『麦秋』――死者の眼、そして麦穂の鎮魂 4▼『東京物語』――死の影の下に 
Ⅱ小津安二郎と戦争 
5▼「敗けてよかった」再考――小津安二郎の戦争・序説  6▼「敗けてよかった」三考――小津安二郎「海ゆかば」と「軍艦マーチ」の間  7▼小津安二郎の見つめた戦争(講演)

前書きなど

著者は全国小津安二郎ネットワーク会長。
ディテールに込められた小津の映像美学の核心、そして戦争と死の影。
powered by openBD
ほかのサービスで見る