STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥4,301より

(2020/06/04 02:15:08時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

スポーツ/アート

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: スポーツ アート
出版社: 森話社
単行本: 432 ページ / 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
ISBN-10: 4864051453  ISBN-13: 9784864051453  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 780

紹介

美術・写真・映像・身体表現など多彩な研究者やアーティストによる様々な視点から、スポーツ/アートの境界上に新たな結びつきを探る
競技と美術のミッシング・リンク
スタジアムの変遷や記録との関係、芸術家の参加などオリンピックをめぐる歴史から、スポーツと美術作品の顕在的/潜在的な相互作用、さらに競技、運動、観客をとりまくテクノロジーの問題、そしてeスポーツに至るまで、美術・写真・映像・身体表現など多彩な研究者、評論家、アーティストによる様々な視点から、スポーツ/アートの境界上に新たな結びつきを探る。

目次

I
01 スウィングとスピン──「アート」としてのスポーツ、「スポーツ」としてのアート=北澤憲昭
02 オリンピックスタジアムの変遷=暮沢剛巳
03 バランスをとること──ゲルハルト・リヒターとブリンキー・パレルモのミュンヘンオリンピックのスタジアムへの提案をめぐって=鈴木俊晴

II
04 スポーツ映像の美学と政治──レニ・リーフェンシュタールの『オリンピア』をめぐって=渋谷哲也
05 熱狂の頂──日本におけるパウル・ヴォルフの受容と戦前のスポーツ写真=打林 俊
06 スポーツ漫画映画とナショナル・ボディ──戦前期日本のアニメーション表現に見るスポーツ的身体=渡邉大輔

III
07 イヴ・クラインの柔道=中尾拓哉
08 観念と絵画の狭間に打ちつける拳=栗本高行
09 フローの感覚──バスケットボールの経験から=大山エンリコイサム

IIII
10 人が運動に隷属する時=山峰潤也
11 運動を見るという運動──スポーツと芸術の観客身体論序説=木村 覚
12 見下ろすことの享楽──VAR試論=原田裕規
13 つくるスポーツ/するアート=犬飼博士 - 吉見紫彩
powered by openBD
ほかのサービスで見る