STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥9,000より

(2020/06/05 19:50:56時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

古代服飾の諸相

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
出版社: 東方出版
単行本: 358 ページ
ISBN-10: 4862491413  ISBN-13: 9784862491411  [この本のウィジェットを作る]

紹介

奈良時代を焦点として、神仏像、墳墓の壁画、正倉院御物、万葉歌などを手がかりに、服飾の形や文様と意味を考究。
日本の奈良時代を焦点として、大陸や半島との交流の中で、人々はどのような衣服を身に
つけていたのか。神仏像、墳墓の壁画、正倉院御物、万葉歌などを手がかりに、服飾の形
や文様と意味を考究。服飾・歴史・地理・民俗・文学等の研究者による議論の成果。

目次

■主要目次
  序 舘野和己(奈良女子大学文学部教授)・岩崎雅美(奈良女子大学生活環境学部教授)
第一章 古代日本とその周辺
  中国古代染織品の文様表現について──長沙馬王堆一号漢墓を中心に 水野夏子(大阪城南女子短期大学非常勤講師)
    はじめに/一 馬王堆一号漢墓の雲気表現/二 染織品の雲気文/三 染織品の菱形文/むすび
  古代服飾にみる左衽──神像を中心に 馬場まみ(華頂短期大学教授)
    はじめに/一 奈良時代における左衽の服装/二 平安時代における左衽の服装/むすび
  統一新羅時代の女性服からみる韓服の特徴について──裳(裙)と袴を中心に 黄貞允(釜山大学校韓国伝統服飾研究所研究員)
    はじめに/一 高句麗の裳(裙)と袴/二 新羅・統一新羅の裳(裙)と袴/三 高麗時代の裳(裙)と袴/結びにかえて
  古代女性の袴と裳 岩崎雅美
    はじめに/一 袴について/二 褶について/三 裙について/四 裳について
第二章 奈良時代の服飾文化
  古代の祈りのかたち──『万葉集』の祈りの歌と摺り衣について 楢﨑久美子(広島女学院大学講師)
    はじめに/一 祈りと『万葉集』/二 『万葉集』からうかがえる祈りの姿/三 祈りの服〜摺り衣〜/むすび
  『万葉集』に連なる古代の玉 楢﨑久美子
    はじめに〜古代における玉とは〜/一 『万葉集』に登場する玉/二 枕詞に見られる「たま」/三 「たま」の表記と
    詠み手について/むすび〜歌から見えてくる万葉人の玉への想い〜
  法隆寺五重塔塔本塑像にみる女性像──服飾からの考察 馬場まみ
    はじめに/一 女性像の服装/二 中国における半臂/三 日本における□襠衣/むすび  
  『続日本紀』にみる服飾 飯島礼子(奈良県立美術館学芸員)
    はじめに/一 『続日本紀』に見える服飾の記述/二 『続日本紀』を通読して〜むすびにかえて〜/
    【資料】続日本紀に見える服飾関連記事
  筒袖と大袖考 岩崎雅美
    はじめに/一 散楽の服装と筒袖/二 戯画にみる袍の服装/三 奈良時代の袖丈の変化/四 中国大陸における
    歴史的な大袖衣/五 仏教の図像にみる大袖/六 正倉院所蔵の垂領・大袖の衣/おわりに
第三章 甦る奈良時代の服飾
  近代における風俗史研究──古代服制研究の意義 馬場まみ
    はじめに/一 近代における歴史研究と風俗史研究/二 古代服制研究の意義/三 服制研究の活用/むすび
  近代制服にみる奈良朝デザイン──東京美術学校の制服誕生とその波及 岩崎雅美
    はじめに/一 東京美術学校の制服/二 法服における奈良朝のデザイン/三 京都市美術工芸学校の生徒の制服/
    四 奈良女子高等師範学校教官の職服/むすび 
  小袖模様にみる奈良 岡松 恵(奈良女子大学大学院博士後期課程在籍)
    はじめに/一 奈良の名所模様/二 三輪の模様/おわりに
powered by openBD
ほかのサービスで見る