Amazonへ


中古あり ¥1,897より

(2020/03/31 06:56:30時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

希望を蒔く人: アグロエコロジーへの誘い

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: キボウ オ マク ヒト : アグロエコロジー エノ イザナイ
出版社: コモンズ
単行本: 253 ページ
ISBN-10: 4861871417  ISBN-13: 9784861871412  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 610

紹介

地球の未来と食料生産を持続的に保証する哲学・実践として世界的に注目を集めるアグロエコロジー=農生態学の第一人者の語りおろし。
環境の未来と食料生産を持続的に保障する哲学・思想として世界的に注目されているアグロエコロジー(農生態学)の第一人者の語りおろし。
自然と向き合い、耕し、簡素に生き、地球の未来のために社会に働きかける生き方が、私たちの心に響く

目次

序文 簡素という優雅さ

第1章 種を蒔く人の生涯
 無限の経済成長はあり得ない
 人間とは良くなれる存在
 私のおいたち
 非暴力をつらぬ
 帰農の喜びと苦悩
 アグロエコロジーの発見と成果
 日々の暮らしで考えること

第2章 エコロジーの深い考察
 決してあきらめない
 エコロジーと政治・社会
 アグロエコロジーがアフリカを救う

第3章
 現代と向き合う
 報道のあり方を考える
 手仕事を大切にする教育
 政治と選挙

第4章 希望の種を蒔く
 大地の治療者を育てる
 詩と寓話
 希望の種を蒔き続ける

解説 ピエール・ラビの人と思想 勝俣誠
powered by openBD
ほかのサービスで見る