STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥7,799より

(2020/06/03 10:20:23時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

合法性と正当性――ワイマール期におけるカール・シュミット、ハンス・ケルゼンおよびヘルマン・ヘラー (神奈川大学法学政治学研究叢書 5)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
出版社: 春風社
単行本(ソフトカバー): 400 ページ
ISBN-10: 4861106869  ISBN-13: 9784861106866  [この本のウィジェットを作る]

紹介

ワイマール共和国の崩壊期における三者の法理論を詳述。ロールズやハーバーマスらとも比較し、その意義と限界を指摘する。
ワイマール共和国の崩壊期における三者の法理論を詳述。ロールズやハーバーマスらとも比較し、その意義と限界を指摘する。

目次

1.合法性と正当性:ワイマール期から見たこれらの屈折度
1.1 複数の緊急事態
1.2 ワイマール期:短い紹介
1.3 1932年7月20日のクーデター
1.4 ワイマール憲法第48条と国事裁判所の判決
2.友と敵:シュミットと法の政治
2.1 決断の主権
2.2 国民の意思としての法
2.3 自由主義、議会主義および法実証主義
2.4 ワイマール憲法の護り手とは
2.5 自由主義の地平
2.6 反ユダヤ主義と弁明
3.実践の中の純粋理論:ケルゼンの法科学
3.1 ケルゼンのシュミット批評
3.2 ワイマール憲法第48条に関するケルゼン
3.3 神、国家および民主制
3.4 合法性の原理
3.5 ケルゼンの思想内部の異質性
4.法秩序の正当性:ヘラーの法理論
4.1 国家論の危機
4.2 文化、社会および国家
4.3 国家の正当性と法
4.4 民主制と同質性
4.5 国民の意思の主権的表現としての法
4.6 立憲的制定法の概念
4.7 個人の法的良心
4.8 法秩序の観念
5.ワイマール期からの教訓:合法性の正当性
5.1 正当化理由に関するシュミットとロールズ
5.2 法の民主制的形態に関するハーバーマス
5.3 ヘルマン・ヘラーと、私たちと同時代の政治哲学および法哲学
powered by openBD
ほかのサービスで見る