Amazonへ


中古あり ¥6,182より

(2020/04/09 14:42:56時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ルーゴン家の誕生 (ルーゴン・マッカール叢書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ルーゴンケ ノ タンジョウ
出版社: 論創社
単行本: 402 ページ
ISBN-10: 4846004031  ISBN-13: 9784846004033  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 953.6

紹介

物語は1851年12月7日、サン=ミットル平地で蜂起軍に参加しようとするシルヴェールの登場で始まり、12月14日、同じ場所でシルヴェールが処刑されたところで終わる。この平地はかつて墓であった。墓は満杯になり町の反対側に新しく作られることになり、遺骨の発掘が行われ、何の宗教的儀式もないまま運ばれていった。長い間、旧墓地は放置され自然の浄化作用を待ち、やがて公共の空き地として住民に利用されるようになった。聖なる地が俗化し、蘇り、新しいサイクルが始まった。まさに「ルーゴン=マッカール叢書」20巻の巻頭を飾るにふさわしい設定である。
powered by openBD
ほかのサービスで見る