STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥1より

(2020/06/05 01:47:12時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

飢餓国家ニッポン―食料自給率40%で生き残れるのか (角川SSC新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: キガ コッカ ニッポン
出版社: 角川SSコミュニケーションズ
新書: 189 ページ
ISBN-10: 4827550492  ISBN-13: 9784827550498  [この本のウィジェットを作る]
TRCMARC No: 08046213

紹介

食糧高騰が日本でも現実となり、生活を圧迫している。新興国での爆発的な需要増、異常気象による干ばつなどで需給が逼迫し、トウモロコシ、大豆、コメなどはすでに世界中で"奪い合い"が始まっている。こうした状況にも関わらず、食料自給率が40%にまで落ち込んでいる日本。「日本の食糧事情はすでに、危機的状況にある」。総合商社の最前線で、世界の今を見続けている資源問題の第一人者が、危機感の薄い日本人と日本政府へ警鐘を鳴らす。

目次

第1章 食糧の奪い合いが始まった
第2章 高騰する食糧価格のパラダイムシフト
第3章 食糧増産をはばむ壁
第4章 未来の子供を飢えさせる日本農政の失敗
第5章 食糧生産を放棄している日本の不思議
第6章 日本を飢餓列島にしないために
powered by openBD
ほかのサービスで見る