STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : 多くの図書館が閉館しています詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥2,258より

(2020/04/10 20:17:34時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

近代都市の装置と統治―1910~30年代 (首都圏史叢書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: キンダイ トシ ノ ソウチ ト トウチ : 1910 30ネンダイ
出版社: 日本経済評論社
単行本: 385 ページ
ISBN-10: 4818822310  ISBN-13: 9784818822313  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 318.7

紹介

市街鉄道、上水道、市場など、様々なインフラや処理施設をはじめ、寺社、公園、墓地などの宗教・娯楽施設から、戦前の都市運営や支配の構造を探る。

目次

第1編 市民生活と都市装置(関東大震災以前における東京市内交通機関をめぐる公益性の議論
横須賀市における屎尿処理問題-市営化とその展開
関東大震災と横浜市の警備体制-都市装置としての「軍隊」をめぐって
日用品小売市場の展開-公益市場と施設市場
都市の神社と選挙粛正-一九三〇年代のける「都市装置」と公共についての試論)
第2編 郊外開発と都市装置(「死」をめぐる都市装置-近代東京における墓地と地域社会
池上をめぐる郊外開発と本門寺
一九一〇年代東京市近郊における私設水道と賃取橋
「田園都市」の水道問題
大都市装置としての「帝都天然公園」-奥多摩の開発をめぐって)
第3編 都市装置を支えたもの(大都市近郊の町村財政-東京市隣接五郡の町村債を中心に
市街地改造装置としての都市計画関係者集団と土地区画整理-雑誌『都市公論』の検討を手掛かりに)
powered by openBD
ほかのサービスで見る