STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥49,800より

(2020/06/06 08:40:01時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ヘンリー・ストリートの家―リリアン・ウォルド 地域看護の母 自伝

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ヘンリー ストリート ノ イエ : リリアン ウォルド チイキ カンゴ ノ ハハ ジデン
出版社: 日本看護協会出版会
単行本: 338 ページ / 458.0 g
ISBN-10: 4818010863  ISBN-13: 9784818010864  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 369.7

紹介

経済的にも社会的にも目ざましい発展を遂げつつあった19世紀末のアメリカ。そのアメリカを新世界とし、より豊かな生活を夢見てヨーロッパから流れてきた移民たちの住み着いた先が、ニューヨークのイースト・サイドだった。看護師であり医学生でもあったリリアン・ウォルドは、その一角にあるヘンリー通りに、1895年、世界で初めての看護師セツルメントを開設。その後1933年に施設長を退くまで一貫して、ヘンリー・ストリート・セツルメントを拠点に公衆衛生看護・地域看護を実践し、市や国の政治にも働きかけて普及と啓蒙に努めた。本編はリリアン・ウォルド自身がその半生をつづったもので、名もない地域住人たち、社会や国を動かす運動家、政治家たちとの生き生きとしたエピソードに満ちており、公衆衛生看護および地域看護の原点を知ることができる。1915年に雑誌に連載されていた原稿を元に書籍化、歴史的意義を新たに標すものとして91年に改訂版が出版された。本書は91年版の全訳である。

目次

二〇年前のイースト・サイド
看護サービスの開始
看護師とコミュニティ
子供たちと遊び
教育と子供
障害児
働く子供たち
全国の子供たち
施設内の組織
若者〔ほか〕
powered by openBD
ほかのサービスで見る