STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥1,230より

(2020/06/03 12:59:12時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ミジンコ先生の諏訪湖学―水質汚濁問題を克服した湖

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
出版社: 地人書館
単行本: 221 ページ
ISBN-10: 4805208481  ISBN-13: 9784805208489  [この本のウィジェットを作る]

紹介

十数年前まで、諏訪湖では毎年夏になるとアオコが大発生し、湖面は緑のペイントを流したかのようだった。しかし近年、そのアオコが、ほとんど姿を消した。諏訪湖はもう、汚れた湖の代表ではない。諏訪湖で何が起きたのか。そして、これからどう変わっていくのだろうか。

目次

第1章 諏訪湖はどうして汚れたか(浅い湖は汚れやすい
諏訪湖は昔深かった ほか)
第2章 諏訪湖の生き物事情(迷惑害虫ユスリカの正体
諏訪湖のミジンコ ほか)
第3章 水質浄化への取り組み(河川、海域に比べ、進まない湖の水質浄化
形態を変え、湖内循環する窒素とリン ほか)
第4章 水質浄化と生態系(アオコが突然少なくなった
夏の諏訪湖、毒素が減少 ほか)
第5章 湖と人のこれから(水質浄化が"自然に"進む
地球温暖化が生物に影響 ほか)
powered by openBD
ほかのサービスで見る