Amazonへ


中古あり ¥1より

(2020/03/30 03:07:47時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる (宝島SUGOI文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ウツビョウ チリョウ ジョウシキ ガ カワル
出版社: 宝島社
文庫: 254 ページ
ISBN-10: 4800212839  ISBN-13: 9784800212832  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 493.764

紹介

100万人を超えたうつ病患者。「ココロの風邪」と言われ、休養をとって抗うつ薬を飲み続ければ半年から1年で回復するといわれてきた。しかし4人に1人の患者が、治癒までに2年以上を要し、その半数が再発。治療が長期化している患者の多くが、不必要に多種類、多量の薬を投薬されている。それを見直す取り組みが始まった-大きな反響を呼んだNHKスペシャルの書籍化。治療の新しい道を探るドキュメンタリー。

目次

第1章 "不適切な"投薬-症状を悪化させる多剤併用
第2章 クリニック乱立の闇-なぜ診断がバラバラなのか?
第3章 抗うつ薬の死角-封印されてきた危険な副作用
第4章 心理療法の壁-医療に心のケアが定着しない理由
第5章 うつからの生還-体験者たちが語る回復のプロセス
第6章 うつ病治療の新しい"常識"-先進医療の現場を訪ねて
powered by openBD
ほかのサービスで見る