Amazonへ


中古あり ¥3,650より

(2020/04/06 14:57:44時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

インフラCI実践ガイド Ansible/GitLabを使ったインフラ改善サイクルの実現

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: インフラ CI ジッセン ガイド : Ansible GitLab オ ツカッタ インフラ カイゼン サイクル ノ ジツゲン : infrastructure continuous integration practice guide
出版社: 翔泳社
単行本(ソフトカバー): 424 ページ
ISBN-10: 4798155128  ISBN-13: 9784798155128  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 007.61

紹介

コンピュータインフラをソフトウェアのように管理!新時代のコンピュータシステムの運用方法を紹介
クラウド時代に適合した
新インフラ管理のベストプラクティス!

構成自動化ツールや仮想化/クラウドなどの技術が普及し、Infrastructure as Code(コードとしてのインフラ)が現実になりつつあります。インフラの定義をコード化できるようになると、今度はそれらを適切に管理し、最新状態を保持し、確実に本番システムに適用できる手法が求められるようになります。
本書では、こうしたインフラの管理のためにCI(Continuous Integration:継続的インテグレーション)の技術を適応させる方法を紹介します。これにより、システムの変更を継続的に維持できる管理サイクルの実現を目指します。

【本書の特長】
・新しいタイプのシステムインフラと、旧来のインフラ管理の問題点
・インフラ管理にCI手法を応用するメリットと適用のためのポイント
・実際のシステムを前提としたベストプラクティスをサンプルとして紹介
・AnsibleとGitLabをはじめとしたさまざまなOSSを活用
・インフラのための設定の管理と本番システムへの適用までをサイクルとして実現
・システムテストを自動化
・現場のシステムに組み込むためのさまざまなTIPSを紹介

本書では、全体を通じて一貫したサンプルを紹介し、実際にダウンロードして試せることを目指しました。現場のさまざま条件や背景を越え、ツールとして広く使えるような手法の提供を目指しています。
新しいシステムインフラに関わる知識とノウハウを手に入れられる解説書です。

目次

はじめに
第1章 ITインフラの設計/構築/維持の変化
第2章 インフラCIの考え方
第3章 演習環境の概要と構築方法
第4章 演習のシナリオ解説
第5章 環境構築の自動化
第6章 テストの自動化
第7章 CIのパイプライン
第8章 インフラCIを循環させる仕組み
第9章 より品質の高い成果物を作る
第10章 インテグレーションからデリバリーへ
第11章 自動化を超えて継続的改善へ
powered by openBD
ほかのサービスで見る