STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥753より

(2020/05/28 14:38:47時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

マンガでわかる量子力学 日常の常識では計りしれないミクロな世界の現象を解き明かす (サイエンス・アイ新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: マンガ デ ワカル リョウシ リキガク : ニチジョウ ノ ジョウシキ デワ ハカリシレナイ ミクロ ナ セカイ ノ ゲンショウ オ トキアカス
出版社: SBクリエイティブ
新書: 224 ページ / 200.0 g
ISBN-10: 4797362529  ISBN-13: 9784797362527  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 421.3

紹介

ミクロな世界の不思議をこの1冊で理解する
日常の世界の理は、ニュートン力学や万有引力などのさまざまな物理理論で説明できる。
ところがミクロな世界の現象は、量子論という複雑怪奇で込みいった理論でないと説明できない。
そこで本書では、量子論の理解が一段ずつ深まった順に一歩一歩解説していく。

はじめに
第1章 量子論以前のミクロな世界-古典論の描像
第2章 ミクロな世界は非常識!-古典論の破綻
第3章 ミクロな世界は跳び跳びだ!-量子論の夜明け
第4章 ミクロな世界は2つの顔をもつ-波と粒子の二重性
第5章 2つあった正しい道-量子力学の完成
第6章 ミクロな世界は不確定で確率的!-新しい考え
第7章 身の周りは量子だらけ!?-量子論が支える現代文明
第8/章 対称な世界-素粒子物理学の発展
第9章 時空と世界の理-量子論の将来
第10章 量子論的には月はそこにあるのか?-量子論のパラドックス
おわりに
参考文献
索引

目次

はじめに

第1章 量子論以前のミクロな世界-古典論の描像
物体と物質と原子や分子
原子(アトム)と空虚(ボイド)
原子論とエネルギー論
放射能とガンマ線の発見
粒子からなる原子と原子核:古典論


第2章 ミクロな世界は非常識!-古典論の破綻
どうして原子はつぶれないのか?
光は粒子か波か 第1幕
熱放射の不思議
プランクの量子仮説
アインシュタインの光量子仮説


第3章 ミクロな世界は跳び跳びだ!-量子論の夜明け
水素のスペクトル線
エネルギー準位の考え
ボーアのモデル
量子条件の意味
前期量子論の問題点


第4章 ミクロな世界は2つの顔をもつ-波と粒子の二重性
一重スリットの回折実験
電子も自分自身と干渉する
コンプントン効果
パウリの排他律
フェミルオンとボソン


第5章 2つあった正しい道-量子力学の完成
ハイゼンベルクの行列力学
複素数と虚数の解
固有値と量子化
波動関数の意味
ディラック方程式


第6章 ミクロな世界は不確定で確率的!-新しい考え
波動関数と電子雲
確率的な実験事実
不確定性原理
コペンハーゲン解釈
紙はサイコロを振らない


第7章 身の周りは量子だらけ!?-量子論が支える現代文明
蛍光灯では日焼けしない理由
部屋の中の量子たち:テレビ、CD、DVD
街角の量子たち:LED信号機
交通・輸送:リニアモーターカー
医療:X線、MRI、PET


第8/章 対称な世界-素粒子物理学の発展
ベータ崩壊とニュートリノ
核力と中間子
クォークの登場
力の統一理論
超ひも理論


第9章 時空と世界の理-量子論の将来
量子真空
カシミール効果
質量の意味
ヒッグス粒子とヒッグス場
時空の最小単位-プランクスケール


第10章 量子論的には月はそこにあるのか?-量子論のパラドックス
光子はどちらのスリットを通せるのか?
量子状態の重ね合わせ
シュレーディンガーのネコ
エヴェレットの多世界解釈
EPRパラドックス


おわりに
参考文献
索引
powered by openBD
ほかのサービスで見る