STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥7,000より

(2020/05/30 12:45:42時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

【医事法講座 第7巻】小児医療と医事法 (医事法講座シリーズ)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ショウニ イリョウ ト イジ ホウ
出版社: 信山社
単行本: 296 ページ
ISBN-10: 4797212071  ISBN-13: 9784797212075  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 498.12

紹介

日本と世界各国の小児医療に関する法制度の実情と課題、またその将来展望を検討。
第一線で活躍する法律家等が結集し、日本のみならずワールドワイドな視点から、今後の日本社会の進むべき道を提示する好評シリーズ。本第7巻は日本と世界各国の小児医療に関する法制度の実情と課題、またその将来展望を検討。法学者のみならず医療職者も一堂に集い。実務から研究まで有用の書。

目次

【目  次】

◆◆◆『医事法講座』発刊にあたって ◆◆◆

〈巻頭言〉『医事法講座 第7巻 小児医療と医事法』の企画趣旨

1 小児医療と医事法の関わり〔甲斐克則〕
 Ⅰ 序
 Ⅱ 子どもの「最善の利益」の法的基盤
 Ⅲ 小児医療と家族の役割
 Ⅳ 小児・新生児の終末期医療と医事法
 Ⅴ 結 語――小児医療と医事法の関わり

2 小児医療と子どもの権利〔横藤田 誠〕
 Ⅰ 「小児医療と子どもの権利」の問題状況
 Ⅱ 子どもの権利の普遍性と特殊性
 Ⅲ 小児医療と子どもの権利――いくつかの場面

3 フランスにおける未成年者の医療〔澤野和博〕
 Ⅰ 成年の患者に対する医療行為についての同意・拒絶
 Ⅱ 保護の対象としての未成年者
 Ⅲ 権利の主体としての未成年者
 Ⅳ 第三者の関与
 Ⅴ 未成年者に対する医療行為の決定
 Ⅵ まとめにかえて

4 小児医療と生命倫理〔河原直人〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ こどもの医療をめぐる倫理的視座
 Ⅲ こどもに係る法的枠組みと倫理的対応について
 Ⅳ こどもを対象とする医学系研究に関する諸問題
 Ⅴ まとめ

5 アメリカにおける小児の終末期医療〔永水裕子〕
 Ⅰ はじめに――重症新生児の治療中止をめぐる問題
 Ⅱ 未成年者の生命維持治療の中止・差し控えに関する裁判例
 Ⅲ 制定法
 Ⅳ おわりに

6 ドイツにおける小児の医療ネグレクトをめぐる医事法上の状況と課題〔保条成宏〕
 Ⅰ 緒 論
 Ⅱ 「医療ネグレクト」事案としての「フライブルク事件」とその概要
 Ⅲ 刑法学説における「治療放棄適法説」の展開とこれをめぐる課題
 Ⅳ 刑法判例における「治療行為論」の展開とこれをめぐる課題
 Ⅴ 結語に代えて

7 フランス・ベルギーにおける小児の終末期医療〔本田まり〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ フランスにおける状況
 Ⅲ ベルギーにおける状況
 Ⅳ おわりに

8 日本における小児医療の現状と課題――重い病気を抱えながら生きる子どもの権利を考える〔多田羅竜平〕
 Ⅰ 子どもの自己決定権
 Ⅱ 成長・発達する権利
 Ⅲ 家庭で暮らす権利
 Ⅳ 苦痛から解放される権利
 Ⅴ 安らかな死を迎える権利

9 小児の臓器移植〔絵野沢 伸〕
 Ⅰ 臓器移植の発展のなかの小児患者
 Ⅱ 医療における小児
 Ⅲ 若年者の臓器移植
 Ⅳ 小児の臓器提供
 Ⅴ 小児特有の問題と今後

10 小児看護と医事法的問題――看護の専門性の視点から〔久藤(沖本)克子〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 診療の補助
 Ⅲ 療養上の世話
 Ⅳ 小児看護領域における療養上の世話に関する判例の検討
 Ⅴ おわりに

11 小児歯科をめぐる諸問題〔藤原久子〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 治療に協力的な小児の割合
 Ⅲ 小児歯科領域における医事紛争
 Ⅳ 小児歯科における死亡事故
 Ⅴ 医療訴訟全体における新受件数の推移(医療関係訴訟)
 Ⅵ 小児歯科医療での事故を減らすために
powered by openBD
ほかのサービスで見る