STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : 多くの図書館が閉館しています詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥806より

(2020/05/26 00:22:11時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

建築探偵、本を伐る

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ケンチク タンテイ ホン オ キル
出版社: 晶文社
単行本: 313 ページ
ISBN-10: 4794964765  ISBN-13: 9784794964762  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 019.9

紹介

本の山に分け入る。自然科学の眼は、ドウス昌代、かわぐちかいじ、杉浦康平、末井昭、秋野不矩…をどう見つめるのだろうか。東大教授にして路上観察家が描く読書をめぐる冒険譚。

目次

活字の周辺
『ヴォーリズの建築』『ヴォーリズの住宅』山形正昭-日本の西洋館といえばこの人だ
『一古書肆の思い出』反町茂雄-古本屋さんの"宝物"探検記
『都住創物語』中筋修-新しいタイプの町屋はこうして
『近代の小道具たち』E・ヴァイグル、三島憲一訳-羅針盤だけでデカい哲学が語れる
『当世病気道楽』別役実-歯痛とは「哲学に至る病」
『銀座カフェ・ド・ランブル物語』森尻純夫-コーヒーとワインの共通点って何
『ガイアの時代』J・ラヴロック、S・P・プラブッダ訳-土着的なエコロジー感覚を殴る思想
『ドバラダ門』山下洋輔-わが祖父は稀代の監獄建築家だった
『和風探索』GK道具学研究所・山口昌伴-「踏み台」ひとつにも謎がいっぱい〔ほか〕
powered by openBD
ほかのサービスで見る

レシピ

たてものが好き!まちあるきが好き!なひとにオススメ

藤森さんが読書を意識し始めたのは大学生のとき。読書時代がなければ建築史の道に進み文章を書くこともなかった、と振り返っているように本が後の人生に大きな影響を与えました。書棚は藤森さんそのものです。