Amazonへ


中古あり ¥1,750より

(2020/04/04 10:01:43時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

アスリートは歳を取るほど強くなる: パフォーマンスのピークに関する最新科学

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: アスリート ワ トシ オ トルホド ツヨク ナル : パフォーマンス ノ ピーク ニ カンスル サイシン カガク
出版社: 草思社
単行本: 393 ページ
ISBN-10: 479422415X  ISBN-13: 9784794224156  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 780.1

紹介

なぜ年長のアスリートが活躍し続けているのか?
加齢をパフォーマンスの「味方」につける方法に迫る!

若いほどスポーツのパフォーマンスは高いはずなのに、近年では年長のアスリートが
様々な競技で目覚ましい成果を出し、しかもそれを継続している。
その秘密に迫るべく、熟年のオリンピックメダリスト、ワールドカップ出場者はもちろんのこと、
遺伝学者、スポーツ心理学者からシリコンバレーの重鎮まで、あらゆるジャンルの人物に取材。
年齢とともに強くなり続ける新常識を徹底解明。

・年長選手の身体も進化する
・疲労を残さないうちにトレーニングを終える
・脳をだましてトレーニングを効率化する
・低強度でトレーニングをする
・異なるトレーニングを組み合わせることで得られる効果
・フィールドで一番速いのは身体ではない
・瞬発力は必須とは限らない
・精神は歳をとるほど安定する
・シリコンバレーも注目する、身体の若返りに関する研究

人生100年時代にふさわしい、パフォーマンスの最新科学!

目次

はじめに

chapter 1
熟年アスリートの身体も進化し続ける
40歳オーバーのマラソンランナー
無酸素性作業の閾値を上げるテンポ・ラン
有酸素性から無酸素性代謝への切り替えが勝敗を分ける
接地時間が短いほど長く速く走れる
年齢とともに変化する身体
加齢による変化は運動で回復できる
耐久スポーツは研究の最前線
2種類の筋肉とアスリート寿命の関係
マンモスでトレーニングする理由
高地トレーニングは有効かつ高効率

chapter 2
最も疲労を溜めない者こそがプロ
ヤーガーの尋常でないトレーニング量
疲れ知らずの超人的身体が生んだ記録
ハード・トレーニングは著名選手につきもの
ドナルド・ドライバーの無故障伝説
故障は「加速した老化」とも言える
過剰なトレーニングは過ちである
サッカー選手たちの「故障対策」
研究の成果がサッカーに通じない?
練習量を減らすと選手が好調に
バスケットボールに根付いたフェルハイエンの手法
最小のトレーニングで最大の効果を
なぜ人はハード・トレーニングを称賛してしまうのか?

chapter 3
異なるトレーニングの組み合わせで得られる効果
紫帯のサーファー
マーティンズとマーヴェリックスの出会い
年長者がマーヴェリックスを制している
10メートル級の大波が生む恐怖心
身体の僅かな不均衡も正すクロストレーニング
「1万時間の法則」とクロストレーニング
熟年アスリートこそクロストレーニングを活用すべし

chapter 4
脳をだましてトレーニングの効率化を図る
現役延長のプロフェッショナル
マニングの現役を延長するレシピ
現代テニス界の両極を表す二人
ナダルのプレースタイルの代償?
動作の効率性を検証する
アスリートの身体の全部が優秀な訳ではない?
動作の障害を特定して取り除く
身体動作のパターンを科学するP3社
多くの人が埋め合わせ動作をしている


chapter 5
身体の「癖」を科学して怪我を減らす
現役延長のプロフェッショナル
マニングの現役を延長するレシピ
現代テニス界の両極を表す二人
ナダルのプレースタイルの代償?
動作の効率性を検証する
アスリートの身体の全部が優秀な訳ではない?
動作の障害を特定して取り除く
身体動作のパターンを科学するP3社
多くの人が埋め合わせ動作をしている

chapter 6
遺伝的要因は肉体の運命を決めるのか?
23andMeの遺伝的要因検査
遺伝子にみる寿命と選手能力の関係
遺伝的特質を本人がどう受け入れるか
遺伝子情報で怪我のリスクを回避する
アスリートは長寿か短命か?

chapter 7
精神の落ち着きとともに増す安定性
ペンドレルを襲った極度のプレッシャー
瞬発力は必須の能力ではない
アスリートの身体は機械ではない
スポーツを心から楽しめるかどうか
目の前の目標を定め、時にその場で再設定する
自分がコントロールできるものだけに焦点を当てる
年齢を勘案した記録を測る
目標設定がパフォーマンスを向上させる理由
歳を取るほど感情が安定する
テニスでは感情のコントロールがひときわ重要
若さゆえのエモーションが過大評価されている

chapter 8
試合の速度を決めるのは身体ではなく心
フィールドで一番「速い」プレイヤーは誰か?
身体ではなく精神でプレーする
経験で運動量を節約する
「ゆっくりすればスムーズで、スムーズにいけば速くなる」
プレー時間そのものを短縮する
複雑な競技ほど経験が味方する
速く判断できるほど、長くプレーできる?

chapter 9
選手寿命を延ばす栄養学のリアル
コベントリーが唯一口にしないもの
アスリートと疑似科学的栄養学は腐れ縁
食事療法のなかには科学的根拠に乏しいものも
炎症はトレーニングの不可避な過程の一部
筋肉のためにタンパク質だけは必須
食物への反応と遺伝子の関係
アスリートが頼るスクリーニング
ドーピングと熟年アスリート

chapter 10
熟練アスリートが求める運動後の回復メソッド
冷凍部屋で疲労回復
アスリートを回復させるさまざまな「ボックス」
流行としての「回復」
回復のために割く時間の割合
睡眠を極限まで活用する

chapter 11
スポーツ寿命の極限──「修復」「取り替え」「若返り」
スポーツ整形外科手術の進歩
「手術」と「メンテナンス」はどう違うのか?
リハビリも進化する
どんどん気軽になっていく手術
生きた細胞を使って治療する
人類は若返ることができるのか
ペイパルのドンが抱く野望
何のために長生きするのか

おわりに
powered by openBD
ほかのサービスで見る