STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥6,293より

(2020/06/04 17:17:47時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

21世紀のマルクス―マルクス研究の到達点

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: 21セイキ ノ マルクス : マルクス ケンキュウ ノ トウタツテン
出版社: 新泉社
単行本(ソフトカバー): 344 ページ / 13.0 x 2.5 x 18.8 cm
ISBN-10: 4787719203  ISBN-13: 9784787719201  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 309.334

紹介

《マルクスをどう読むか》

21世紀の今日、厳しい歴史的試練を受けとめつつ、マルクスの思想と理論の発展的継承を志向し、原点に立ち返って解明する研究が進んでいる。
日本におけるその達成を結集し、哲学、経済学、政治理論、歴史観まで、継承すべき成果と残された課題を明らかにする。

目次

第一章 『資本論』と現代…………伊藤 誠
第二章 マルクスにとって『資本論』とは何だったのか…………大谷禎之介
第三章 物象化論と『資本論』第一部の理論構造…………佐々木隆治
第四章 資本の統治術…………大黒弘慈
第五章 マルクスの「生活過程」論…………田畑 稔
第六章 マルクス政治理論の転回…………大藪龍介
第七章 マルクスの歴史把握の変遷——市民社会論マルクス主義批判…………平子友長
第八章 非政治的国家と利潤分配制社会主義——ポスト・スターリン主義の社会主義に寄せて…………国分 幸
第九章 マルクスの脱近代思想とエコロジー的潜勢力——エコロジーをめぐる連帯の拡大へ向けて…………尾関周二
powered by openBD
ほかのサービスで見る