STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥400より

(2020/06/03 03:18:59時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

東アジア・交錯するナショナリズム

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ヒガシアジア コウサク スル ナショナリズム
出版社: 社会評論社
単行本: 236 ページ
ISBN-10: 4784513175  ISBN-13: 9784784513178  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 311.3

紹介

中国・韓国での「反日」の声の高まり、日本での右派言説の主流化…。しかし、そこに噴き出しているのは、古い図式ではとらえきれない、グローバル化の時代の「新しいナショナリズム」現象なのだ。変容する東アジア社会で、多様化する民衆意識をふまえて論じる。

目次

1 韓国の「民族主義」を考える(はじめに-二者択一の発想から脱するために
イスンマンの「反日」からパクチョンヒの「民族主義」へ ほか)
2 中国ナショナリズムの諸相(はじめに-日中の相互作用
日中「ナショナリズム」の土壌 ほか)
3 ネット社会が与えた回帰後香港の新しい使命(暴徒化しなかった香港の反日デモ
香港民衆運動史に見る抵抗の伝統化 ほか)
4 「台湾人意識」の虚像と実像(はじめに-「台湾人意識」とは?
李登輝訪日と宋楚瑜訪米 ほか)
5 戦後ナショナリズムの終焉と新たなナショナリズムの台頭(はじめに-生成途上の新しいナショナリズム
ナショナリズムをどのように理解したらよいか ほか)
powered by openBD
ほかのサービスで見る