STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥580より

(2020/06/01 01:04:05時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

君たちには話そう

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: キミタチ ニワ ハナソウ : カクサレタ センソウ ノ レキシ
出版社: くもん出版
単行本: 127 ページ
ISBN-10: 4774324078  ISBN-13: 9784774324074  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 396.21

紹介

太平洋戦争中に秘密の研究をしていたといわれる、陸軍登戸研究所。大発見につながるとびらを開いたのは、高校生たちでした。
太平洋戦争が始まる四年前に神奈川県川崎市につくられ、戦争が終わる直前には長野県の伊那谷に移転したという、陸軍の秘密の研究所。登戸研究所とよばれたそこで、なにがおこなわれていたのかを調べようとしたところ、資料は見つからず、付近をたずねまわっても、「名前だけは聞いたことがある」「なにをしていたのか知らない」と答える人ばかり。戦争の歴史から消されてしまっていたのです。
戦争が終わってから40年ほどが過ぎたころ、秘密の研究所に興味をもった高校生がいました。ほぼ同じ時期に、川崎と伊那谷の高校生たちが、地道に調べ始めたのです。研究所で働いていた人たちも見つかりはしたものの、戦争当時の命令を守り、口をかたく閉ざしつづけます。「研究所でのことは、墓場までもっていく」と。
ところが、「大人には話したくない」と言っていた彼らが、「君たちには話そう。知っておいてほしい。あのようなことを、くりかえさないためにも……」と口を開きはじめ、高校生に向かってぽつりぽつりと語りはじめました。
powered by openBD
ほかのサービスで見る

レシピ

戦争を知りたい人にオススメ
戦争を知る
by メガネオヤジさん 906回閲覧 2017/08/17公開

陸軍の秘密の研究所、登戸研究所の話。戦争体験者が高校生に口を開いた。