STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥500より

(2020/06/06 11:41:00時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

コミュニケーションの哲学入門 (慶應義塾大学三田哲学会叢書 ars incognita)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: コミュニケーション ノ テツガク ニュウモン
出版社: 慶應義塾大学出版会
単行本: 108 ページ
ISBN-10: 4766423925  ISBN-13: 9784766423921  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 361.45

紹介

本書は、日常的な「コミュニケーション」というものをユーモアを交えながら哲学的に思考し、その理論的枠組みを示すことをめざす。
日常生活に不可欠な「コミュニケーション」を哲学的に考える

わたしたちは日々、多かれ少なかれ、コミュニケーションをしながら生きている。
では、コミュニケーションとは何なのだろうか? 何を含むのだろうか? そこに言語は必要なのだろうか?
本書では、日常的な「コミュニケーション」というものをユーモアを交えながら哲学的に思考し、その理論的枠組みを示すことをめざしている。
ポール・グライスやドナルド・デイヴィドソンの言語哲学を援用し、「コミュニケーション」の新たな地平をひらこうとする、画期的な哲学入門書。

<b>慶應義塾大学三田哲学会叢書</b>
三田哲学会は創立100年を機に、専門的な研究成果を「生きられる知」として伝え、 公共の中に行き渡らせる媒体として本叢書の発刊を企図した。
シリーズ名は、ars incognita アルス インコグニタ。
ラテン語で「未知の技法」を意味する。
単なる知識の獲得ではなく、新たな「生きる技法としての知」を作り出すという精神を表現している。

目次

はじめに

第一章 何がコミュニケーションに含まれるのか

第二章 言語はそれほど必要ないかもしれない

第三章 「意味」といわゆるメタメッセージ

第四章 言語の居場所はどこにあるのだろうか

 書誌情報

 あとがき
powered by openBD
ほかのサービスで見る