Amazonへ


中古あり ¥1,300より

(2020/04/01 21:04:23時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

華南と華中の万人坑――中国人強制連行・強制労働を知る旅

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: カナン ト カチュウ ノ マンニンコウ : チュウゴクジン キョウセイ レンコウ キョウセイ ロウドウ オ シル タビ
出版社: 花伝社
単行本(ソフトカバー): 247 ページ
ISBN-10: 4763408976  ISBN-13: 9784763408976  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 366.8

紹介

日本による中国侵略で犠牲になった中国人の遺体がまとめて埋められた「人捨て場」=万人坑をめぐる旅、海南島と長江流域編。
万人坑=人捨て場を知る旅を通じて確認する
侵略と加害の実態

自ら引き起こした侵略戦争において日本が中国本土に残した傷跡、万人坑。
中国人強制連行・強制労働の膨大な犠牲者が埋められた現場と、
当時を知る人たちの証言を前に、私たちの歴史認識がいま問われている――

◆書評掲載情報◆
歴史地理教育(2020年3月号 No.906)
しんぶん赤旗日曜版(2019年10月22日)

目次

第一部 海南島の万人坑を訪ねる
第一章 海南島
第二章 八所港万人坑
第三章 石碌鉄鉱万人坑
第四章 「朝鮮村」・南丁千人坑
第五章 田独鉱山万人坑
第六章 陵水后石村万人坑
第七章 月塘村三月二一日惨案
第八章 北岸郷六月一日惨案
終 章 海南島は惨劇の島だった
第二部 長江流域の万人坑を訪ねる
第一章 長江
第二章 重慶
第三章 常徳
第四章 厰窖
第五章 武漢
第六章 淮南
第七章 南京
終 章 中国人強制連行・強制労働と万人坑
powered by openBD
ほかのサービスで見る