Amazonへ


中古あり ¥490より

(2020/04/07 00:32:48時点)

自由なフランスを取りもどす 愛国主義か、 グローバリズムか

お気に入り図書館の蔵書
もっと探す

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ジユウ ナ フランス オ トリモドス : アイコク シュギ カ グローバリズム カ
出版社: 花伝社
単行本(ソフトカバー): 160 ページ
ISBN-10: 4763408127  ISBN-13: 9784763408129  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 312.35

紹介

2017年フランス大統領選挙で優勢が伝えられる国民戦線党首・マリーヌ・ルペン。彼女の演説・マニフェスト・ポスターなどをまと…
2017年フランス大統領選挙で優勢が伝えられる国民戦線党首・マリーヌ・ルペン。彼女の演説・マニフェスト・ポスターなどをまとめた初めての本です。どうして世論は彼女を熱狂的に支持するのか、今後フランスはEUを離脱するのか…?

目次

第1章 自由なフランス(2016年9月18日 フレジュス)
    ―主権なしに、アイデンティティと繁栄はない
第2章 フランス人であり続けること(2017年2月5日 リヨン)
    ―文明の選択、三つの革命
第3章 フランス外交政策(2017年2月23日 パリ)
第4章 国民戦線(FN)公約144

前書きなど

マリーヌ・ルペンは訴える。自国の法律、経済、通貨をコントロールし、自国の国境を守るフランス。フランスが、フランスであり続けるために……
●EU離脱の是非を問う国民投票の実施
●憲法改正でフランス人優位を明記
●移民受け入れを年間1万人に制限
●文明の選択――三つの革命
powered by openBD
ほかのサービスで見る