STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥5,075より

(2020/05/27 22:28:30時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

リーダーシップ教育のフロンティア【研究編】: 高校生・大学生・社会人を成長させる「全員発揮のリーダーシップ」

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: リーダーシップ キョウイク ノ フロンティア : コウコウセイ ダイガクセイ シャカイジン オ セイチョウ サセル ゼンイン ハッキ ノ リーダーシップ
出版社: 北大路書房
単行本(ソフトカバー): 208 ページ / 21.0 x 14.8 x 2.5 cm
ISBN-10: 4762830224  ISBN-13: 9784762830228  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 370

紹介

リーダーシップ研究と開発,理論と実践,企業と大学相互の視点を整理し,リーダーに求められる枠組と教育手法の構築を試みる。
企業が新人にも即戦力を求める今,次世代のリーダー育成はどうあるべきか。本書では,リーダーシップは学習により誰でも獲得可能と提言。研究と開発,理論と実践,企業と大学相互の視点を整理し,リーダーに求められる枠組と効果的な教育手法の構築を試みる。教育現場での実践と効果検証を積んだ本格的リーダーシップ教育論。


◆推薦の言葉

思い切り若い10代からリーダーシップの世界に入門しよう
そんなリーダー育成がこの時代の最先端
神戸大学大学院経営学研究科教授/金井壽宏

アカデミックな世界にリーダーシップのヒントがあった
ヤフー株式会社常務執行役員/本間浩輔


◆本書(研究編)の主な目次

 監修者からのご挨拶
 はじめに

第1部 リーダーシップ教育の理論
 第1章 リーダーシップ研究の最前線:リーダーシップ教育の理論的検討
 第2章 リーダーシップ教育の理論と設計

第2部 リーダーシップ教育の事例研究
 第3章 大学におけるリーダーシップ教育の事例
 第4章 企業におけるリーダーシップ開発研修の効果:異業種民間企業5社による「地域課題解決研修」を事例として

第3部 リーダーシップ教育の展望
 第5章 早稲田大学でのリーダーシップ教育
 第6章 高校におけるリーダーシップ教育
 第7章 総括と今後の課題

目次

監修者からのご挨拶
 はじめに
  1 本書の概要
  2 なぜいまリーダーシップなのか
  3 リーダーシップに関する研究の枠組み
  4 本書の構成
  5 まとめ

第1部 リーダーシップ教育の理論
 第1章 リーダーシップ研究の最前線:リーダーシップ教育の理論的検討
  1 リーダーシップとは?
  2 リーダーシップ研究の流れ
  3 リーダーシップ研究の新しい動き
  4 今後の課題
 第2章 リーダーシップ教育の理論と設計
  1 大学でリーダーシップ教育が求められる背景
  2 リーダーシップ教育とは
  3 リーダーシップ教育の手法と背景理論
  4 本書の研究事例の位置づけ

第2部 リーダーシップ教育の事例研究
 第3章 大学におけるリーダーシップ教育の事例
  1 はじめに
  2 立教大学経営学部BLPの事例
  3 BLPの授業運営
  4 まとめ
 第4章 企業におけるリーダーシップ開発研修の効果:異業種民間企業5社による「地域課題解決研修」を事例として
  1 企業におけるリーダーシップ開発
  2 地域課題解決研修
  3 地域課題解決研修の評価
  4 総括

第3部 リーダーシップ教育の展望
 第5章 早稲田大学でのリーダーシップ教育
  1 早稲田大学でリーダーシップ教育が必要になった背景
  2 早稲田大学でのリーダーシップ教育の導入
  3 LDP授業の詳細
  4 どのように授業づくりの運営体制(組織文化づくり)をしているか
  5 今後の課題と展望
 第6章 高校におけるリーダーシップ教育
  1 高校教育を取り巻く環境の変化
  2 リーダーシップを学ぶ導入ワークショップ
  3 中高一貫校にリーダーシップ教育を導入した事例(淑徳与野中学・高等学校)
  4 本章のまとめ
 第7章 総括と今後の課題
  1 各部の総括
  2 リーダーシップ教育の社会的意義
  3 今後のリーダーシップ教育
  4 まとめ
  
 あとがき

前書きなど

◆監修者からのご挨拶

本書が,なぜ「研究編」と「実践編」という2分冊を採用したのか,その理由を簡単に付記しておきたい。それは,リーダーシップ教育論,リーダーシップ開発論といった領域が,「研究と実践」「理論と実務」という2つの異なる領域を常に架橋しつつ,そこで得られた経験や知見を「往還」しながら発展していくものと,本書の筆者らが強く信じているからに他ならない。
「研究編」を読み,いつの日か「実践編」を手にする日を待つ。
「実践編」を読み,いつの日か「研究編」に目を通す日を願う。

(「監修者からのご挨拶」より一部引用)
powered by openBD
ほかのサービスで見る