STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥5,630より

(2020/06/01 05:30:08時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ポジティブ認知行動療法: 問題志向から解決志向へ

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ポジティブ ニンチ コウドウ リョウホウ : モンダイ シコウ カラ カイケツ シコウ エ
出版社: 北大路書房
単行本: 359 ページ
ISBN-10: 4762829064  ISBN-13: 9784762829062  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 146.8

紹介

本書の特徴は,「苦悩の低減からサクセス構築へ」という原著の副題に端的に表れている。従来のCBTは,問題,症状,限界など,人の弱みに焦点をあて,それを減らすことを目指してきた。すなわち,問題志向パラダイムである。しかし,複雑な相互作用のある状況においては特定の原因を取り出すことは難しく,また,問題をなくすことがそのまま解決とは限らない。そこで,問題志向パラダイムに基づくCBTから,解決志向・ストレングス志向パラダイムのポジティブCBTへの移行が提唱されている。
 …ポジティブCBTは,問題志向パラダイムのCBTを,ストレングス志向・解決志向のパラダイムにシフトさせたものである。比喩的に言えば,CBT,ポジティブ心理学,解決志向ブリーフセラピーという3つの異なる領域間に,ポジティブCBTという橋を架けたことになる。 (本書「訳者あとがき」より引用)

◇主な目次

第Ⅰ部 理論
第1章 認知行動療法とは
第2章 ポジティブCBTとは何か
第3章 ポジティブCBTの可能性
第4章 ポジティブCBTの2つのルーツ
第Ⅱ部 実践
第5章 治療同盟の促進
第6章 アセスメント
第7章 見方を変える
第8章 行為を変える
第9章 感情を変える
第10章 ホームワークの設定
第11章 2回目以降のセッション
第12章 ポジティブCBTのセラピストの役割
第Ⅲ部 発展
第13章 カップルとグループへのポジティブCBT 
第14章 子どもと家族へのポジティブCBT  
第15章 職場におけるポジティブCBT  
第16章 ポジティブCBTとその未来
第17章 よくある質問(FAQ) 
結び

目次



第Ⅰ部 理論
第1章 認知行動療法とは
第2章 ポジティブCBTとは何か
第3章 ポジティブCBTの可能性
第4章 ポジティブCBTの2つのルーツ

第Ⅱ部 実践
第5章 治療同盟の促進
第6章 アセスメント
第7章 見方を変える
第8章 行為を変える
第9章 感情を変える
第10章 ホームワークの設定
第11章 2回目以降のセッション
第12章 ポジティブCBTのセラピストの役割

第Ⅲ部 発展
第13章 カップルとグループへのポジティブCBT 
第14章 子どもと家族へのポジティブCBT  
第15章 職場におけるポジティブCBT  
第16章 ポジティブCBTとその未来
第17章 よくある質問(FAQ) 

結び
参考Web Sites

付録A 初回面接の計画書 
付録B 例外探しのための計画書
付録C 2回目以降の面接の計画書
付録D ポジティブFBAの面接
付録E 問題の外在化
付録F 相互作用マトリックス
付録G 紹介元への質問票
付録H 例外の日誌
付録I セッション評価尺度

訳者あとがき
powered by openBD
ほかのサービスで見る