Amazonへ


中古あり ¥1,502より

(2020/04/08 12:28:56時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

インクルーシブ教育ってどんな教育? (インクルーシブ発想の教育シリーズ)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: インクルーシブ キョウイク ッテ ドンナ キョウイク
出版社: 学事出版
単行本(ソフトカバー): 128 ページ
ISBN-10: 476192246X  ISBN-13: 9784761922467  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 378

紹介

2007年に特別支援教育が法制化され、8年が経過しました。その間2012年には中央教育審議会から「共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進」の報告が出され、2016年4月1日には、いわゆる「障害者差別解消法」が施行されます。このような状況下、学校現場では、具体的にどのようにインクルーシブ教育を進めていけばいいのでしょうか。この難しくも希望のある問いに、編集代表の青山新吾氏を筆頭に、8人の論客が挑んでいます。

目次

第1章 インクルーシブ発想とは?
第2章 私が考えるインクルーシブ発想の教育(インクルーシブ教育を実践するための学校づくり・学級づくり
アクティブ・ラーニングから見たインクルーシブ教育
アドラー心理学から語るインクルーシブ教育
『学び合い』から見えるインクルーシブ
キーワードは「仲間」
多様性を認め合い、「うちの学校・地域の子」へ
インクルージョン・インクルーシブ教育に対する提言)
第3章 これから僕らの進む道
powered by openBD
ほかのサービスで見る