STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥3,693より

(2020/05/29 14:28:39時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

サステイナブル都市の輸出: 戦略と展望 (東大まちづくり大学院シリーズ)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: サステイナブル トシ ノ ユシュツ : センリャク ト テンボウ
出版社: 学芸出版社
単行本(ソフトカバー): 288 ページ
ISBN-10: 4761532300  ISBN-13: 9784761532307  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 518.8

紹介

先進各国の進出が著しいインフラ輸出ビジネス。日本も技術を活かした官民連携の整備が急務だ。先進事例と産官学各分野からの総括
アジア発展途上諸都市へのインフラ輸出ビジネスが急成長中だ。既にシンガポールや韓国の進出が著しく、日本も開発援助で培った信頼関係、耐震・環境技術等、質の高いインフラ技術を活かした官民連携の整備が急務だ。北九州や横浜等の自治体及び民間の先進事例と共に、政府、行政、研究者、民間の各観点から現状と課題を総括

目次

序章 新興国・途上国都市のサステイナビリティと都市輸出(城所 哲夫・原田 昇)

■ I 部 世界の都市整備ニーズと日本の役割
1章 日本の都市輸出戦略(和泉 洋人)
2章 都市ソリューション輸出の戦略と展望(野田 由美子)
3章 都市整備──区画整理事業を通じた貢献(岸井 隆幸)
4章 スマートシティ──構想と技術移転の枠組み(野城 智也)
5章 社会基盤とインフラ輸出──支援からパートナーシップへ(加藤 浩徳)
6章 都市環境と廃棄物管理──経験と技術の国際展開へ(森口 祐一)
7章 水インフラ輸出──制度・組織・事業運営モデルの展開へ(滝沢 智)

■ II 部 都市輸出の実際と日本の役割
8章 都市輸出における官民連携とファイナンス(野田 由美子・石井 亮・田中 準也)
9章 都市開発における国際協力──JICAの経験から(森川 真樹)
10章 防災まちづくりにおける国際協力(安藤 尚一)
11章 環境都市を輸出する──北九州市(櫃本 礼二)
12章 都市マネジメントを輸出する──横浜市(信時 正人・橋本 徹)
13章 公共交通指向型開発(TOD)を輸出する(松村 茂久)
14章 都市づくりを担ってきた日本企業の海外進出の現状(瀬田 史彦)
powered by openBD
ほかのサービスで見る