STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥4,543より

(2020/06/01 02:56:28時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

小さな空間から都市をプランニングする

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: チイサナ クウカン カラ トシ オ プランニング スル
出版社: 学芸出版社
単行本(ソフトカバー): 240 ページ / 21.0 x 14.8 x 2.5 cm
ISBN-10: 476152698X  ISBN-13: 9784761526986  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 518.8

紹介

いま都市に必要なのは、敷地やエリアに現れた価値を都市全体の魅力へとつなぐためのプランニングだ。空間の読み解きから成長を梃子としていた都市計画を再構築し改めて都市の未来に期待を寄せるための10の方法を提案する
饗庭伸氏(都市計画家/『都市をたたむ』著者)・紫牟田伸子氏 ( 編集家/『シビックプライド』監修者)推薦!

いま、都市に求められるのは、敷地やエリアに現れた価値を都市全体の魅力へとつなぐためのプランニングだ。16の都市空間における空間的技法と計画的思考の実践から、空間と都市が相互に高め合う関係を読み解き、成長を梃子としていた都市計画を再構築することで、改めて都市の未来に期待を寄せるための10の方法を提案する。

目次

はじめに|なぜ小さな空間から都市をプランニングするのか
1章 小さな空間のつくり方から学ぶ
1・1 前例によらない行政の挑戦
① 問題なくつくるという固定概念を外す|なぎさのテラス(大津市)
―― 都市公園への商業施設導入による水辺の暮らしづくり 
② 見えない資源を見つける|道後温泉(松山市)
―― 県道から市道への付け替えによる広場化
③ 都市計画遺産を現代的に再生する|みなと大通り公園(鹿児島市)
―― 戦災復興道路の遊歩道化
④ 余白をデザインする|KIITO(神戸市)
―― 点から面への波及を目指す都市施設の計画プロセス
⑤ 永続性を前提としない|まちなか防災空地(神戸市)
―― 密集市街地に寄り添う暫定的な空地整備事業
⑥ 空き地のままの豊かさを見せる|みんなのひろば(松山市)
―― 社会実験から定着へ、商店街活性化の一手
1・2 ビジョンを示す民間の選択
⑦ 水辺の魅力をまちにつなぐ橋|浮庭橋(大阪市)
―― 官民協働で想いを継いでいく計画のリレー
⑧ 地域のビジョンを実践でかたちづくる|丹波篠山(丹波篠山市)
―― 農都に積層する空き家再生の面的展開
⑨ 民有地をまちに還元する|北加賀屋(大阪市)
―― 地主の心意気が生む工場遺産の創造的活用
1・3 自負心が支える市民の営み
⑩ 攻めの対話で継承する|姉小路界隈(京都市)
―― 規制と協議で守りながら開くまちなみと暮らし
⑪ まちのベクトルを上向きにする|仏生山まちぐるみ旅館(高松市)
―― ゆっくり育てる暮らしこそ消費されないまちの魅力
⑫ 3㎡からはじめるまちづくり|おやすみ処ネットワーク(戸田市)
―― 高齢者や移動制約者のおでかけを支援するベンチ群
⑬ 都市を読み、文化的に暮らす拠点|コトブキ荘(豊岡市)
―― 地方小都市のサロン的古民家シェアスペース
⑭ 隙間の活動を地域価値として見出す|五条界隈(京都市)
―― 小商いからはじまるエリアリノベーション
⑮ 余地でつむがれる地域の意図|奈良町(奈良市)
―― 制度的余地と空間的余地の掛け合わせ
⑯ 建物とその先の時間も引き受ける|善光寺門前(長野市)
―― 地域社会と関わる空き家活用モデルの作法
2章 小さな空間と大きな都市の関係をとらえる
プランニングを進める空間的技法と計画的思考の両輪
2・1 デザインスキーム|低成長期の都市を変える空間的技法
2・2 プランニングマインド|都市全体を見つめる計画的思考
3章 小さな空間から都市をプランニングする
小さな空間の価値を大きな都市につなげる10の方法
3・1 小さな空間を連帯させて都市の効果を高める
① 都市の「ツボ」を探す
② 空間を地域に開く
③ エリアの外側への影響を踏まえる
3・2 小さな時間を積み重ねて都市の魅力を育てる
④ テンポラルな空間がつくりだすもの
⑤ 「計画」をリノベーションする
⑥ ゆっくりと時間をかけて育てる
3・3 小さな共感を生むことで都市の全体像を描く
⑦ プロセスそのものを目的にする
⑧ 行政のリーダーシップからフォロワーシップへ
⑨ ユニバーサルからダイバーシティに向けて
⑩ まちに対する期待を高める
おわりに|都市の未来に対する期待と自負
powered by openBD
ほかのサービスで見る