Amazonへ


中古あり ¥2,949より

(2020/04/04 09:45:30時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

子どもの不安と抑うつに対する認知行動療法: 理論と実践

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: コドモ ノ フアン ト ヨクウツ ニ タイスル ニンチ コウドウ リョウホウ : リロン ト ジッセン
出版社: 金子書房
単行本: 243 ページ
ISBN-10: 4760823786  ISBN-13: 9784760823789  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 493.937

紹介

日本の小中学生の対象に実施したプログラムを紹介しながら、認知行動療法の有用性が詳述された、子どもの支援に役立つ待望の書。
今や世界的な基準となった認知行動療法の潮流の中でも、日本国内においての子どもを対象とした認知行動療法の研究と実践例については、まだ数は多くはない。本書は、日本人による日本の小中学生を対象に実施したプログラムと成果も紹介しながら、認知行動療法の有用性が詳述された、子どもの支援に役立つ待望の書である。

目次

第1章 子どもの不安と抑うつ
 1.子どもの不安とは?
 2.子どもの抑うつとは?
 3.子どもの不安と抑うつの有病率
 4.子どもの不安と抑うつがもたらす問題
 5.子どもの不安と抑うつの予後

第2章 子どもの認知行動療法
 1.認知行動療法とは?
 2.子どもの認知行動療法の留意点
 3.子どもの認知行動療法の進め方
 4.認知行動療法を子どもに適用する意義

第3章 子どもの認知行動療法の治療技法
 1.アセスメント
 2.心理教育
 3.親への対応
 4.トークンエコノミー法
 5.行動活性化
 6.リラクセーション
 7.エクスポージャー
 8.曝露反応妨害法
 9.社会的スキル訓練
 10.認知再構成法
 11.問題解決療法

第4章 子どもの認知行動療法の実際
 1.子どもの不安に対する認知行動療法
 2.学校における抑うつ防止プログラム
 コラム
powered by openBD
ほかのサービスで見る