STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : 多くの図書館が閉館しています詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥21,858より

(2020/05/27 06:09:02時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

形式語研究の現在 (研究叢書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ケイシキゴ ケンキュウ ノ ゲンサイ
出版社: 和泉書院
単行本: 593 ページ
ISBN-10: 4757608764  ISBN-13: 9784757608764  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 815

紹介

形式語(転成形式)を対象とする、現代日本語文法・コーパス言語学・対照研究など最新の研究成果を収めた、日本語文法研究の必読書。
形式語(転成形式)を対象とする、現代日本語文法・文法史・コーパス言語学・方言研究・対照研究など様々な立場からの最新の研究成果を収めた、日本語文法研究の必読書。資料として方言の形式語関係文献目録を付す。

目次

はじめに
【研究論文】
古代語における形式用言を用いた複合辞とその用例     小田 勝
中古語の複合辞ニソヘテについて             辻本桜介
近世における副詞「なんと」の働きかけ用法
―感動詞化の観点から―                 深津周太
逆接確定辞を含む[接続詞]の歴史            矢島正浩
「頃」の用法と歴史的変化―現代語・中古語を中心に―    岡﨑友子
明治・大正期のニオケル―連体タイプと非連体タイプの消長― 三井正孝「(だ)からこそ」「(だ)からといって」「(だ)からか」について  馬場俊臣
経緯を表す「~というので」という言い方について     藤田保幸
比例関係を表す形式語の表現
―「につれて」「ほど」「だけ」「すればするほど」などをめぐって― 
森山卓郎
「分」の副詞用法と名詞用法               江口 正
〈対立〉と〈並立〉―「取り立て」の体系構築をめざして―   藪崎淳子
使役動詞「V-(サ)セル」の状態詞化
―使役動詞性の希薄化のひとつの類―          早津恵美子
性質・状態・動作を表す名詞述語文の「連体型」と「単独・連用型」
―「文末名詞文」の解消―                丹羽哲也
複合辞の「ものだ」と「ことだ」について
―形式語としての「もの」「こと」の観点から―       高橋雄一
分析的な表現手段の存在意義―可能性の形式をめぐって―   宮崎和人
現代日本語における「動詞+〈其他否定〉表現」構文の実態 茂木俊伸時代小説におけるノデアッタ・ノダッタ          揚妻祐樹
「~テございます」の使用傾向の推移
―「~テある」「~テいる」との対応関係に注目して―     服部 匡
国会会議録における質問終了場面の敬語          森 勇太
形態論的特徴から見た複合辞
―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の形態論情報を利用して―
 山崎 誠
西日本方言における「と言う」条件形の提題用法
―富山県砺波方言の「ユータラ」と広島県三次方言の「イヤー」―
 小西いずみ
関西方言の知識共有化要求表現の地域差
―ンヤンカ類のバリエーションの発生メカニズム―     日高水穂
関西方言における名詞・形容動詞述語否定形式ヤナイ・ヤアラヘン・トチガウの諸用法                     松丸真大
形式語と虚辞                      山東 功
中級以降で指導が必要なテシマウの用法について
―学習者と母語話者の使用状況調査に基づく考察―    砂川有里子
形式名詞「つもり」と意志表現―中国語と対照して―     中畠孝幸
日本語における単一格助詞「に」を伴う複合格助詞とそれに対応する朝鮮語の表現について―対照言語学からのアプローチ―     塚本秀樹
日本語系クレオール語(Yilan Creole)の形式動詞・覚書   真田信治
【資料】
方言の形式語関係文献目録               小西いずみ
英文目次(Contents)
powered by openBD
ほかのサービスで見る