STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : 多くの図書館が閉館しています詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥666より

(2020/05/26 06:05:01時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

私の古典文学研究: 始めと終り (和泉選書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ワタクシ ノ コテン ブンガク ケンキュウ : ハジメ ト オワリ
出版社: 和泉書院
単行本: 236 ページ
ISBN-10: 4757608411  ISBN-13: 9784757608412  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 910.23

紹介

ながきにわたり我国の古典文学研究の第一線を走り続けた著者による、若き古典文学研究者へ贈る珠玉の研究論文10編と随想集3編。
若き古典文学研究者への遺言
「原典を目ざすという姿勢が何よりも研究の基本になるべきだが、享受した当代と後代の人々の心をも含めた形、つまり民族の心の中に生きた姿のまま作品を把握するために、本文研究・伝本研究は享受史の研究とともにあるべきだと思うのである。」

「京都大学を卒業した昭和二十九年以来、日本古典文学、特に平安時代の和歌と物語に関する論文を数多く書いて来た。もう書き尽したから廃業宣言をしようと思っていたが、書評の類を除いても、まだ少し残っていた。しかも残っていたものは、私の節目節目をなすものであったり、いま最も言いたいことであったので、捨てるに惜しく、ここに心情を吐露してみた。評者の方々の共感を得るかどうかわからないが、私の真情を聞いていただきたいと思う次第である。」

目次

研究篇
 一 平安時代における作品享受と本文
 二 『土左日記』定家筆本と為家筆本
 三 『伊勢物語』の本文と『伊勢物語』の享受
 四 『古今集』における『萬葉集』
 五 藤原定家の三代集
 六 『古今和歌集』と『後撰和歌集』
 七 冷泉家時雨亭文庫の三十六人集
 八 『毘沙門堂旧蔵本古今集注』の本文
 九 住吉大社本『古今秘聴抄』について―『中世古今集注釈書解題』補遺の内―
 十 『枕草子』論序説

随想篇
 一 国文学の衰退
 二 王朝物語の享受と生成
 三 私の国文学者人生―我が生い立ちの記― 

あとがき
powered by openBD
ほかのサービスで見る