Amazonへ


中古あり ¥1,044より

(2020/04/09 14:05:57時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ソロソロ サハ ワ 「ケイザイ」 オ カタロウ : レフト 3.0 ノ セイジ ケイザイガク
出版社: 亜紀書房
単行本(ソフトカバー): 320 ページ
ISBN-10: 4750515442  ISBN-13: 9784750515441  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 309.3

紹介

バージョンアップせよ、これが左派の最新型だ!

日本のリベラル・左派の躓きの石は、「経済」という下部構造の忘却にあった!
アイデンティティ政治を超えて、「経済にデモクラシーを」求めよう。

左派の最優先課題は「経済」である。

「誰もがきちんと経済について語ることができるようにするということは、善き社会の必須条件であり、真のデモクラシーの前提条件だ」
欧州の左派がいまこの前提条件を確立するために動いているのは、経世済民という政治のベーシックに戻り、豊かだったはずの時代の分け前に預かれなかった人々と共に立つことが、トランプや極右政党台頭の時代に対する左派からのたった一つの有効なアンサーであると確信するからだ。
ならば経済のデモクラシー度が欧州国と比べても非常に低い日本には、こうした左派の「気づき」がより切実に必要なはずだ。(ブレイディみかこ/本書より)

目次

第1章:下部構造を忘れた左翼
第2章:「古くて新しい」お金と階級の話
補論1:来るべきレフト3.0に向けて
第3章:左と右からの反緊縮の波
第4章:万国のプロレタリアートは団結せよ!
補論2:新自由主義からケインズ、そしてマルクスへ
powered by openBD
ほかのサービスで見る