STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥5,407より

(2020/06/07 02:47:27時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

地図でみる世界の地域格差 OECD地域指標2016年版――都市集中と地域発展の国際比較

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: チズ デ ミル セカイ ノ チイキ カクサ : オーイーシーディー チイキ シヒョウ : トシ シュウチュウ ト チイキ ハッテン ノ コクサイ ヒカク
出版社: 明石書店
大型本: 192 ページ
ISBN-10: 4750344885  ISBN-13: 9784750344881  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 361.9

紹介

人口分布、産業発展・技術革新、雇用成長と失業率、高等教育、生活の質、環境、健康状態、医療資源等について、都市化による地理的集中と地域発展の視点から、国際比較可能で精緻な地域指標をもとに、豊富な図表と色分けした地図でわかりやすく提示する。

目次

序文
 はじめに:地域と都市――持続可能な開発目標(SDGs)の達成を担う主要なアクター
 要約
 読者への指針

第Ⅰ部 幸福度の地域差
 1章 幸福度の地理
 2章 世帯所得
 3章 居住の状況
 4章 就労
 5章 教育
 6章 サービスへのアクセス
 7章 健康状態
 8章 治安
 9章 環境
 10章 市民参加とガバナンス
 11章 主観的な幸福度の地域差

第Ⅱ部 国の競争力の原動力としての地域
 12章 地域における人口の分布と変化
 13章 大都市圏は人口変化にどのような影響を持つのか?
 14章 GDP成長に対する地域的な寄与
 15章 地域的な経済格差
 16章 国民経済に対する大都市圏の寄与
 17章 雇用変化に対する地域的な寄与
 18章 地域における生産性の伸び
 19章 どこで生産性の向上は起きているのか?
 20章 地域的な産業特化と生産性の向上
 21章 地域的な経済格差に対する経済危機の影響
 22章 大都市圏における雇用と失業
 23章 資源と関連するイノベーションの地域的な集中
 24章 地域とベンチャーキャピタル
 25章 熟練労働者の地域的な差異
 26章 共同特許の地域的なパターン
 27章 大都市圏における特許に関する活動

第Ⅲ部 地方政府の財政と地域発展への投資
 28章 地方政府の支出
 29章 分野別にみた地方政府の支出
 30章 経済機能別にみた地方政府の支出
 31章 政府レベル別の支出責任
 32章 地方政府の投資
 33章 地方政府の歳入
 34章 地方政府の債務
 35章 地域発展のための地方財政

第Ⅳ部 地域における包摂と持続可能性
 36章 高齢者と子どもの地域的集中
 37章 大都市圏の人口動態の課題
 38章 地域間人口移動
 39章 若者の失業の地域差
 40章 地域のパートタイム就労
 41章 医療へのアクセス
 42章 自治体の廃棄物
 43章 大都市圏の世帯収入

 付録A 地域と機能的都市地域の定義
 付録B 出所とデータ記述
 付録C 指標と推計方法
 付録D 政府レベル間の行政責任分担

 監訳者あとがき

前書きなど

序文

 本書『地図でみる世界の地域格差』は、国の経済成長と福祉に地域や都市がどのように貢献しているのかを示している。2016年版では、国内における地域間格差や過去15年間のその変化を調べるために40以上の地域別指標を新しいものに更新した。本書はOECD加盟国をすべて網羅しているだけでなく、データが入手可能な場合にはブラジル、中国、コロンビア、インド、ラトビア、リトアニア、ロシア連邦、南アフリカも含んでいる。
 本書は4つの部と統計の付録からなる。「読者への指針」は、行政地域や経済的地域など様々な領域レベルで、多くのトピックに関するOECD諸国の地域レベルの情報を作成した方法について説明している。第Ⅰ部は、幸福度に関する包括的指標を地域別、国別、時系列に示した最初のものである。幸福度の測定は、幸福度に関する11の側面という多面的な枠組みに基づいて行われ、それは所得、仕事、住宅、健康、教育、サービスへのアクセス、治安、環境、市民参加とガバナンス、生活満足度、コミュニティである。OECDの地域幸福度ウェブサイト(www.oecdregionalwellbeing.org)に含まれるインタラクティブなグラフによって、OECD諸国の地域ごとに幸福度の諸指標を拡大してみることができる。第Ⅱ部は、国の成長に対する地域の寄与を示しており、地域の競争上の強みをもたらす要因に注目する。ここではまた、281のOECD都市地域における経済競争力と労働市場の動向についての比較分析も行われている。この分析は、OECD諸国における都市地域に関する共通の定義に基づいており、それは人口稠密な都市、およびその都市と強い通勤流動によって結びついた人口稀薄な周辺地域からなる。本書の新機軸となっているのは、地方の政府がインフラ投資に関して直面している課題について考察し、地方政府の財政力が地方政府のレベル間でどのように配分されているのかを述べている点である。第Ⅲ部では、地方政府財政の近年の動向について述べる。第Ⅳ部では、社会的包摂や持続可能な環境に関する地域間格差を検討し、地域および人口変動にみられる生活の質の新しい尺度を提供する。

 (…後略…)
powered by openBD
ほかのサービスで見る