Amazonへ


中古あり ¥2,386より

(2020/03/31 05:59:23時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

〈謀反〉の古代史: 平安朝の政治改革 (歴史文化ライブラリー)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ムホン ノ コダイシ : ヘイアンチョウ ノ セイジ カイカク
出版社: 吉川弘文館
単行本: 198 ページ
ISBN-10: 4642058877  ISBN-13: 9784642058872  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 210.36

紹介

平安前期、充実した国政運営が進展する一方、承和の変をはじめ政変が頻発したのはなぜか。政治を動かす巨大エネルギーの実態に迫る。
天皇主導の時代から、貴族が主役の時代へ―。平安時代前期、充実した国政運営が進展する一方で、承和の変をはじめとする謀反が頻発した。国家が発展して、なぜ政治的混乱が起こるのか。有能な官僚による「良吏政治」の下で変質する天皇のあり方や、貴族と天皇の君臣関係を読み解き、政治を動かす巨大なエネルギーの実態を浮き彫りにする注目の書。

目次

古代の政変・謀反・クーデター―プロローグ/良吏政治の展開(〈時代〉が変わる―ワンランク上の国家を目指して/官人たちが変わる―「良吏政治」のスタート/天皇が変わる―桓武天皇と平城天皇/嵯峨朝への政策継承/良吏政治の実践)/天皇大権のゆくえ(淳和朝・仁明朝の政治状況/承和の変/母と娘―橘嘉智子と正子内親王/文徳朝・清和朝の様相/応天門の変)/貴族の時代へ(源氏の左大臣と藤原氏の右大臣/清和天皇の悲嘆/藤原基経の国政運営/陽成天皇の廃位/阿衡の紛議/昌泰の変)/政治を動かす巨大なエネルギー―エピローグ
powered by openBD
ほかのサービスで見る