Amazonへ


中古あり ¥1,142より

(2020/04/05 20:32:26時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

考証 東京裁判: 戦争と戦後を読み解く (歴史文化ライブラリー)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: コウショウ トウキョウ サイバン : センソウ ト センゴ オ ヨミトク
出版社: 吉川弘文館
単行本: 230 ページ
ISBN-10: 4642058761  ISBN-13: 9784642058766  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 329.67

紹介

帝国主義・レイシズム(人種差別)の発想と、今日の歴史認識問題につながる戦争観を再検証。不可視化された戦争被害の諸相に迫る。
第二次大戦後、連合国が日本の戦争責任を追及した「東京裁判」。膨大な被害を生んだ日本の戦争を、法廷はどのように裁いたのか。帝国主義・植民地主義・レイシズム(人種差別)といった発想と裁判審理との関わり、今日の歴史認識問題にもつながる戦争観を重視しつつ、膨大な史料を用いて裁判を再検証。不可視化された戦争被害の諸相に迫る。

目次

近代日本の戦争と東京裁判―プロローグ/裁きへの道(日本の戦争と欧米諸国の怒り/戦争責任の追及と国際検察局の始動/尋問の諸相/重視された被害と軽視・無視された被害)/「第二の戦争」―日本側の裁判対策(裁判対策の開始/交差する戦争観―陸軍・海軍・外務省の確執/弁護団の内部対立/進行する陸軍・海軍・外務省の裁判対策)/法廷での攻防(始まった検察側の立証/検察側の立証と日本軍の残虐行為/弁護側の反証/審理と陸海軍/審理と外務官僚)/下された判決(判決書と日本の戦争、残虐行為/判決書と陸海軍、外務省/問われざる問題群と責任者/勝者と敗者の負の連関性)/サンフランシスコ平和条約と戦後日本―エピローグ
powered by openBD
ほかのサービスで見る