STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥148より

(2020/06/01 06:21:49時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

アメリカの対外関与―アイデンティティとパワー

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: アメリカ ノ タイガイ カンヨ : アイデンティティ ト パワー
出版社: 有斐閣
単行本: 380 ページ
ISBN-10: 4641173109  ISBN-13: 9784641173101  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 319.53

紹介

単独主義か国際主義か-アメリカのリーダーシップは旧来の動揺を超えて、「適切な対外関与」を達成できるであろうか。その鍵は、パワーとアイデンティティのバランスにある。米国家安全保障会議(NSC)上級スタッフなどを務め、しかも理論家として名高い著者が、21世紀のアメリカ外交を理論的・実証的に分析する書。近年の国際政治学界で注目されるコンストラクティヴィズム(構成主義)を咀嚼しつつ、これまで主流であったリアリズム(現実主義)との融合を図り、「アイデンティティ=パワー・アプローチ」を提唱する。

目次

序章 適切な対外関与とは-アメリカの孤絶した自己イメージの克服をめざして
第1章 アイデンティティとパワー-国益の源泉
第2章 二律背反-アメリカ外交の伝統
第3章 国家アイデンティティ-アメリカ外交への影響
第4章 恒久的なパートナーシップに向けて-アメリカと先進民主主義諸国の関係
第5章 平和の構築をめざして-アメリカと東ヨーロッパ諸国の関係
第6章 二国間主義から多国間主義へ-アメリカのアジア政策
第7章 無関心を超えて-アメリカと途上国の関係
終章 21世紀アメリカの外交政策
powered by openBD
ほかのサービスで見る