STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥5,034より

(2020/05/28 01:20:12時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

公認心理師のための 基礎から学ぶ神経心理学:理論からアセスメント・介入の実践例まで

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: コウニン シンリシ ノ タメ ノ キソ カラ マナブ シンケイ シンリガク : リロン カラ アセスメント カイニュウ ノ ジッセンレイ マデ
出版社: ミネルヴァ書房
単行本: 170 ページ
ISBN-10: 4623084213  ISBN-13: 9784623084210  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 491.371

紹介

学生や臨床現場の初学者に向け、神経心理学の基本を厳選して平易に解説。併せて検査や介入といった臨床での応用を丁寧に紹介する。
「脳と心の関係」を探る応用心理学の一つである神経心理学。近年では脳内の神経活動をモニターする技術が進歩したことで、臨床現場において神経心理学に基づいた臨床活動を行う必要性が飛躍的に高まっている。本書は、公認心理師や臨床心理士を目指す学生や臨床現場の初学者に向けて、神経心理学の基本を厳選してわかりやすく解説し、併せて検査や介入といった臨床での応用を丁寧に紹介する。医療・福祉領域に関わる心理士、必携の一冊。

目次

はじめに

序 なぜ神経心理学を学ぶ必要があるのか


 第1部 神経心理学の基礎をおさえる

第Ⅰ章 神経心理学的症状とは
 1 失 語
 2 失 認
 3 失 行
 4 記憶障害
 5 注意障害・遂行機能障害
 6 感情障害・意欲・発動性の障害

第Ⅱ章 脳の構造と働きを知る
 1 中枢神経系の構造と神経伝達物質
 2 構 造
 3 機 能

第Ⅲ章 神経心理学的症状を引き起こす疾患とは
 1 頭部外傷
 2 脳血管障害
 3 脳炎・代謝異常
 4 先天性疾患
 5 変性疾患


 第2部 具体的な実践例から学ぶ

第Ⅳ章 高次脳機能障害を神経心理学の視点からみる
 1 高次脳機能障害とは
 2 失語のアセスメントと支援
 3 失認のアセスメントと支援
 4 失行のアセスメントと支援
 5 記憶障害のアセスメントと支援
 6 注意障害・遂行機能障害のアセスメントと支援
 7 感情障害・意欲・発動性の障害のアセスメントと支援

第Ⅴ章 発達障害を神経心理学の視点からみる
 1 発達障害とは
 2 自閉スペクトラム症のアセスメントと支援
 3 ADHDのアセスメントと支援
 4 LDのアセスメントと指導・支援
 5 発達性協調運動症(DCD)のアセスメントと支援
 6 知的能力障害のアセスメントと支援

第Ⅵ章 認知症を神経心理学の視点からみる
 1 認知症とは
 2 アルツハイマー病(AD)のアセスメントと支援
 3 レビー小体型認知症(DLB)のアセスメントと支援
 4 前頭側頭葉変性症(FTLD)のアセスメントと支援
 5 血管性認知症(VD)のアセスメントと支援
 6 軽度認知障害(MCI)のアセスメントと支援

終 章 神経心理学を実践・応用するために
 1 研究法
 2 報告書の書き方・フィードバックの仕方

さくいん
powered by openBD
ほかのサービスで見る