STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥700より

(2020/06/03 06:56:44時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

EU通貨統合とユーロ政策 (MINERVA現代経済学叢書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: EU ツウカ トウゴウ ト ユーロ セイサク
出版社: ミネルヴァ書房
単行本: 261 ページ
ISBN-10: 4623055418  ISBN-13: 9784623055418  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 338.97

紹介

ユーロの成長を支えてきた要因は何か、またその発展に対してEUの政策当局はどのような役割を果たしてきたのか。統一通貨がもたらした影響を、とりわけ欧州中央銀行(ECB)の政策と各国の関係性から分析する。ユーロ導入から10年を経た今、ユーロ圏内の地域格差やアメリカ発の金融危機の影など、対内外の両面から、ユーロシステムの制度的問題点はどこにあるのかを解明する。

目次

第1章 EU拡大と国際通貨ユーロの地位
第2章 国際通貨ユーロの拡大要因
第3章 ユーロ圏の周辺国における為替政策
第4章 EUの地域政策と対外援助政策
第5章 ECBの一元的金融政策の評価
第6章 ユーロシステムの課題-構成国の視点からの金融政策の評価
第7章 ユーロシステムの金融調節改革
第8章 ユーロシステムにおける決済制度の統合
powered by openBD
ほかのサービスで見る