Amazonへ


中古あり ¥2,318より

(2020/03/30 14:15:44時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: タイショウ サイコウ : キボウ ト フアン ノ ジダイ
出版社: ミネルヴァ書房
単行本: 294 ページ
ISBN-10: 4623036367  ISBN-13: 9784623036363  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 210.69

紹介

「大正」という時代を通説とは異なったユニークな視点から、あるいはこれまで皆無であった新鮮な視点から捉えなおし、政治・文化等それぞれの分野における、その「時代の精神性」を浮かび上がらせている。

目次

第1章 英米関係と東アジアにおける日本の役割意識 一九二一〜一九二七
第2章 大正外交の基調-国際協調論と勢力範囲論
第3章 大正期経済外交の視点-国家像の再構築
第4章 吉野作造の二大政党論-大正期における「民本主義」変容の一断面
第5章 ロシア革命の大正日本への影響の一事例-吉野作造の場合
第6章 大正期の家族と国家-私生児の出生をめぐって
第7章 長谷川如是閑の文芸作品における「ひとりもの」の問題
第8章 「愛」と「政治」-倉田百三と有島武郎
第9章 大正期におけるフランス象徴主義の受容-冨永太郎論
第10章 イタリア・ファシズム、その日本における受容と表現形態-「英雄としてのムッソリーニ像」の生成"IL FASCISMO" nel Giappone
powered by openBD
ほかのサービスで見る