Amazonへ


中古あり ¥1,350より

(2020/04/03 05:19:50時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ウィーン精神―ハープスブルク帝国の思想と社会 1848~1938〈1〉

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ウィーン セイシン
出版社: みすず書房
単行本: 453 ページ
ISBN-10: 4622017687  ISBN-13: 9784622017684  [この本のウィジェットを作る]

紹介

本書は、ウィーンを中心に、1938年オーストリアのナチス・ドイツへの併合によって終焉を迎えるハープスブルク帝国世界を描くものである。現在、想起されることの少ないヨーロッパ最後の大帝国。しかし、そこにはまれに見る豊かな文化が息づいていた。クリムト、マーラー、シェーンベルクらの芸術家をはじめ、フロイト、ブレンターノ、フッサール、ブーバー、ヴィトゲンシュタイン、ルカーチなど、20世紀思想の出発点となった思想家の大半がそこには含まれている。本書は70余名を対象に、なぜウィーン、ハープスブルク帝国から、これほどの画期的な思想が生み出されたのかを探究する。叙述は、政治、経済、法律、歴史、哲学、宗教、文学、音楽、造形芸術、医学、心理学、都市計画等々、ハープスブルク帝国において重要なすべての分野にわたっている。

目次

第1部 ハープスブルク帝国の官僚制-惰性と革新(バロックからビーダーマイアーへ
皇帝とその宮廷
官僚国家としての帝国
官僚としての経済学者
法学者
オーストリア派マルクス主義者)
第2部 ウィーンの耽美主義(逸楽の民とフユトニストたち
音楽家と音楽批評家
造形美術
耽美主義の批判者たち)
第3部 実証主義と印象主義の奇妙な共生(死への想念
科学哲学者たち
言語哲学者たち
対話の哲学
フロイトと医学
フロイトとウィーン
フロイトと門弟たち)
powered by openBD
ほかのサービスで見る