STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥6,766より

(2020/06/05 19:57:09時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

真理と方法 II 〈新装版〉: 哲学的解釈学の要綱 (叢書・ウニベルシタス)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: シンリ ト ホウホウ : テツガクテキ カイシャクガク ノ ヨウコウ
出版社: 法政大学出版局
単行本: 321 ページ
ISBN-10: 4588140183  ISBN-13: 9784588140181  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 116.8

紹介

「人間の世界経験と生活実践の全体」はいかに成立しているのか、「理解はいかにして可能となるのか」を問うガダマーの哲学的解釈学。
哲学的解釈学によって現代思想界に多大な影響を与えたガダマーの主著の第II巻。近代の科学的方法思考によって覆い隠されているものあるいは見誤られてきた事柄を指摘し、意識化することを課題にした〈哲学的解釈学〉の、その核心が示される「第二部」の展開。シュライアーマッハー心理学、ディルタイの歴史意識、フッサール現象学、ハイデガーらが解釈学的見解から論及・分析される。

目次

凡例

第二部 真理への問いを精神科学における理解へと拡張する

第 I 章 歴史的準備

第1節 ロマン主義解釈学およびその歴史学への適用における問題点
a 啓蒙思想とロマン主義のあいだに起きた解釈学の本質変化
 α ロマン主義解釈学の前史
 β シュライアーマッハーの一般解釈学の構想
b 歴史学派のロマン主義解釈学へのつながり
 α 普遍史の理想に対する困惑
 β ランケの歴史学的世界観
 γ G・J・ドロイゼンにおける歴史学方法論と解釈学の関係

第2節 ディルタイの陥った歴史主義のアポリア
a 歴史の認識論的問題から精神科学の解釈学的基礎づけへ
b ディルタイの歴史意識分析における科学と生の哲学との分裂

第3節 現象学的探究による認識論的問題設定の克服
a フッサールとヨルク伯における生の概念
b ハイデガーの解釈学的現象学の企て

第 II 章 《解釈学的経験の理論》の要綱

第1節 理解の歴史性を解釈学の原理に高める
a 解釈学的循環と先入見の問題
 α ハイデガーによる理解の先行構造の発見
 β 啓蒙思想による先入見の信用喪失
b 理解の条件としての先入見
 α 権威と伝統の復権
 β 古典性を例として
c 時代の隔たりの解釈学的意義
d 作用史の原理

第2節 解釈学の基本問題を取り戻す
a 適用という解釈学的問題
b アリストテレスの解釈学的アクチュアリティ
c 模範としての法解釈学の意義

第3節 作用史的意識の分析
a 反省哲学の限界
b 経験の概念と解釈学的経験の本質
c 問いの解釈学的優位
 α プラトンの対話術という模範
 β 問いと答えの論理

 原注
 訳注
 訳者あとがき
powered by openBD
ほかのサービスで見る