STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥4,350より

(2020/06/03 10:22:04時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

人間本性論 第2巻: 情念について

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ジョウネン ニツイテ
出版社: 法政大学出版局
単行本: 386 ページ
ISBN-10: 4588120824  ISBN-13: 9784588120824  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 133.3

紹介

ヒュームは人間本性における理性の働きを限定的に捉え、行為の原動力を情念と考えた。4つの情念のメカニズムを徹底して解明する。
ヒュームは人間本性における理性の働きを限定的に捉え、行為の原動力を情念と考えた。そして、人間の行為を統御する道徳的判断も情念を基底としているはずだと一貫して主張し、第2巻では「間接情念」と名づけた4つの情念の因果的なメカニズムを徹底して考察する。情念の解明こそ彼の最重要課題であったことがうかがえ、「人間学」の構想がかいま見える。

目次

第一部 誇りと卑下について
第一節 主題の区分
第二節 誇りと卑下について―それらの対象と原因
第三節 これらの対象と原因は何に由来するか
第四節 印象の関係と観念の関係について
第五節 誇りと卑下に対するこれらの関係の影響について
第六節 この体系の制限
第七節 悪徳と徳について
第八節 美しさと醜さについて
第九節 外的な〔対象の〕長所と短所について
第十節 所有と富について
第十一節 名声への愛について
第十二節 動物の誇りと卑下について

 第二部 愛と憎しみについて
第一節 愛と憎しみの対象と原因について
第二節 この体系を強化する実験
第三節 諸困難の解決
第四節 〔われわれと〕関係を有するものに対する愛について
第五節 富と権力を持つ人々に対する敬意について
第六節 善意と怒りについて
第七節 同情について
第八節 悪意と妬みについて
第九節 善意と同情および怒りと悪意の混合について
第十節 尊敬と軽蔑について
第十一節 恋愛の情念、すなわち両性間の愛について
第十二節 動物の愛と憎しみについて

 第三部 意志と直接情念について
第一節 自由と必然性について
第二節 同じ主題(自由と必然性)の続き
第三節 意志に影響する動機について
第四節 激しい情念の諸原因について
第五節 習慣の効果について
第六節 想像力が情念に与える影響について
第七節 空間時間における隣接と距離(隔たり)について
第八節 同じ主題(空間時間における隣接と距離)の続き
第九節 直接情念について
第十節 好奇心、すなわち真理への愛について

訳注
解説 ヒューム『人間本性論』における情念論
powered by openBD
ほかのサービスで見る