STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥6,713より

(2020/06/03 13:46:03時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

建築の近代文学誌―外地と内地の西洋表象 (アジア遊学 226)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: アジア ユウガク
出版社: 勉誠出版
単行本(ソフトカバー): 224 ページ
ISBN-10: 4585226923  ISBN-13: 9784585226925  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 302.2

紹介

建築から読むモダン日本の文学
モダニズム期の日本文学は、いかなる装置を用いて「近代」と対峙しようとしたのか─?
明治期以降にあらわれた西洋建築に注目し、外地と内地を舞台とした日本語テクストを分析することで、文学に描かれた「西洋」「近代」の内実が浮かび上がる。本書は、建築表象と同時代の都市および周辺事象との関連性をもとに、「日本」や「アジア」をめぐる眼差しの構図を素描する試みである。

目次

はじめに 日高佳紀・西川貴子

Ⅰ モダン都市の建築表象
美しい「光」が差し込む場所―佐藤春夫「美しき町」をめぐって 疋田雅昭
堀辰雄『美しい村』の建築―軽井沢の記憶と変容 笹尾佳代
伊藤整「幽鬼の街」における植民地主義の構造 スティーブン・ドッド
幻影の都市―谷崎潤一郎「肉塊」における建築表象と横浜 日高佳紀

◎日本近代建築小史◎ 高木彬

Ⅱ 外地における建築表象
〈中国的支那〉と〈西洋的支那〉のはざまで―武田泰淳「月光都市」にみる上海と建築 木田隆文
『亞』と大連―安西冬衛の紙上建築 高木彬
殖民地の喫茶店で何を〈語れる〉か―日本統治期台湾の都市と若者 和泉司
虚構都市〈哈爾賓〉の〈混沌〉―夢野久作「氷の涯」における建築表象 西川貴子

◎文学の建築空間◎ 笹尾佳代・高木彬・西川貴子・日高佳紀
オフィスビル/百貨店/銀行/アパートメント/劇場/美術館/ホテル/病院/工場/駅/橋/監獄
powered by openBD
ほかのサービスで見る