Amazonへ


中古あり ¥1,150より

(2020/04/09 10:53:07時点)

宇宙飛行の父 ツィオルコフスキー: 人類が宇宙へ行くまで

お気に入り図書館の蔵書
もっと探す

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ウチュウ ヒコウ ノ チチ ツィオルコフスキー : ジンルイ ガ ウチュウ エ イク マデ
出版社: 勉誠出版
単行本: 306 ページ
ISBN-10: 4585221964  ISBN-13: 9784585221968  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 289.3

紹介

「人間はいつまでも地球にへばりついてはいない。」
耳が聞こえず孤立するなか、「伝説の独学」によってロケットの基礎となる理論を打ち立てたロシア人科学者コンスタンチン・エドゥアールドヴィッチ・ツィオルコフスキー。
人類みんなを宇宙に飛ばすことを夢見て、知性と理論による驚異的な未来予想で科学を発展させた「ロケット推進の父」の、日本ではじめての伝記。

目次

プロローグ─あるコサックのはなし 
第一章 ツィオルコフスキーの幼年時代 
第二章 失意─空想と知への脱却 
第三章 一人ぽっちのモスクワ 
第四章 家庭教師─ヴャートカそしてリャザン 
第五章 テロリズムと宇宙飛行 
第六章 雌伏─あのボロフスクへ 
第七章 『地球と宇宙への幻想』─カルーガの炎(1) 
第八章 一九〇三年─奇跡の年─カルーガの炎(2) 
第九章 宇宙SFの歴史に輝く『地球の外で』 
第十章 人類進化の序曲 
第十一章 宇宙時代への飛翔─カルーガからの聖火リレー 
エピローグ─カルーガへの旅
powered by openBD
ほかのサービスで見る